芸能

吉高由里子「わた定」どころじゃないWEB制作会社の過酷な実情

 吉高由里子主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は、最終回を前に視聴率が10.2%と2ケタ台に復活した。中でも敏腕ディレクターの種田晃太郎(向井理)が、元婚約者の東山結衣(吉高由里子)への想いにフタをして結衣の幸せを見守る姿や、つらい環境で働いている人たちの心に刺さるセリフに大きな反響があった。

 ところで、そんな同ドラマの舞台であるWEB制作業界は数年前まで平均残業時間80時間以上と言われていた。しかし、19年4月(中小企業は20年4月~)から「働き方改革関連法」として時間外労働の上限規制が順次施行されている。では、実際、過渡期とも言える現在、結衣のように定時で帰れるようになったのか。ある制作会社の現職社員に実際の労働環境を聞いた。

「定時で帰るなんてありえないです。クライアントの要望・スケジュールに応えるためには残業せざるを得ません。クライアント側も残業時間が規制され、確認期間は増えているのに全体のスケジュール感は変わらないまま。結局、末端にシワ寄せがやってくるので、今でも月の残業時間が80時間を超えるケースは多々あります。職場もドラマみたいにキラキラしていないし、実際は泥臭い、地味な仕事が多いですね」

 それを裏づけるかのように、第9話では、定時で帰ることをモチベーションにしている結衣が「チームのピンチを乗り切るまでは、わたしも残業します!」と宣言した。前時代的とも思えるかもしれないが、時には結衣のように「思いやり」「自己犠牲」も必要かもしれない。自分だけ、自社だけ、の都合を考えていたら必ずどこかにシワ寄せがいってしまう。時代や法律が変わっても、仕事にかかわる全員が「合理化」と引き換えに「思いやり」を忘れるようなことがあってはならないのではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ