芸能

吉高由里子「わた定」どころじゃないWEB制作会社の過酷な実情

 吉高由里子主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は、最終回を前に視聴率が10.2%と2ケタ台に復活した。中でも敏腕ディレクターの種田晃太郎(向井理)が、元婚約者の東山結衣(吉高由里子)への想いにフタをして結衣の幸せを見守る姿や、つらい環境で働いている人たちの心に刺さるセリフに大きな反響があった。

 ところで、そんな同ドラマの舞台であるWEB制作業界は数年前まで平均残業時間80時間以上と言われていた。しかし、19年4月(中小企業は20年4月~)から「働き方改革関連法」として時間外労働の上限規制が順次施行されている。では、実際、過渡期とも言える現在、結衣のように定時で帰れるようになったのか。ある制作会社の現職社員に実際の労働環境を聞いた。

「定時で帰るなんてありえないです。クライアントの要望・スケジュールに応えるためには残業せざるを得ません。クライアント側も残業時間が規制され、確認期間は増えているのに全体のスケジュール感は変わらないまま。結局、末端にシワ寄せがやってくるので、今でも月の残業時間が80時間を超えるケースは多々あります。職場もドラマみたいにキラキラしていないし、実際は泥臭い、地味な仕事が多いですね」

 それを裏づけるかのように、第9話では、定時で帰ることをモチベーションにしている結衣が「チームのピンチを乗り切るまでは、わたしも残業します!」と宣言した。前時代的とも思えるかもしれないが、時には結衣のように「思いやり」「自己犠牲」も必要かもしれない。自分だけ、自社だけ、の都合を考えていたら必ずどこかにシワ寄せがいってしまう。時代や法律が変わっても、仕事にかかわる全員が「合理化」と引き換えに「思いやり」を忘れるようなことがあってはならないのではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?