芸能

「やめちまえ!」KANA-BOON飯田“家出騒動”に飛び交う「怒号」

 6月15日、5日から連絡が取れなくなっていたロックバンド・KANA-BOONの飯田祐馬が無事帰宅したことが、同バンドの公式サイトで発表されたが、安堵と同時に痛烈な批判の声が飛び交っている。

 公式サイトにより飯田の行方がわからなくなっていることが報告されたのは、13日。〈あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております〉とし、家族が捜索願を出していることも判明。この事態を受け、15日に都内で開催される予定だったライブも中止となった。

「公式サイトで無事の知らせが報告されたのは、16日夜のことで、飯田の家族によれば《憔悴してはいるものの、怪我などはない》という。今後のバンド活動についても《本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております》としており、大事には至らずひと安心といったところです。ただ、ネット上では《ほっとした》《とりあえずはゆっくり休んでください》と気遣う声の一方で、《いったい何だったんだ!》との怒号も飛び交っているんです」(ネットウオッチャー)

 批判の声は他にも〈まったく迷惑な奴〉〈ただの家出ってことじゃん〉〈何アピール?〉や、〈もうやめちまえ!〉〈売名お疲れ〉など、かなり厳しいものも含まれ、心配の反動の大きさがうかがい知れる。

「中には《家出? 出家?どっちだよ》とヤユするものもありましたね。周知のように、飯田は2017年、女優の清水富美加(現・千眼美子)の『幸福の科学』への出家騒動の時に、既婚者であることを黙って不貞関係を続けていたことが判明し、本人もこれを認めている。その際のファンの動揺ぶりも相当大きく、お騒がせはこれで2度目。もう勘弁してくれという声が出て当然です」(夕刊紙記者)

 原因は音楽活動の悩みか、それともプライベートにまつわることなのか。いずれにせよ本人の説明を待つしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史