芸能

天才テリー伊藤対談「ハリウッドザコシショウ」(1)同級生の誘いからお笑いの世界に…

●ゲスト:ハリウッドザコシショウ(はりうっど・ざこししょう) 1974年、静岡県生まれ。高校を卒業後の92年、大阪NSCに入学。同期にはケンドーコバヤシ、中川家、陣内智則、たむらけんじなどがいる。93年、高校の同級生と組んだ「G★MENS」でデビュー。主に心斎橋筋2丁目劇場で活動していたが、99年の閉館に伴い、上京。2002年、コンビを解散し、ピン芸人となる。07年10月スタートの「あらびき団」(TBS系)には初回から出演し、徐々に人気を集め、番組に最多出場したことなどから「キング・オブ・あらびき」と呼ばれる。16年3月、「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)で優勝。現在も多くのバラエティー番組などで活躍中。

 謎の言葉「ハンマーカンマー」を連呼する古畑任三郎など、ぶっ飛んだモノマネ芸や奇想天外なネタで人気のお笑い芸人・ハリウッドザコシショウ。さまざまな挫折を味わいながらも自分の笑いにこだわり、ついに世間に認めさせたその姿勢と才能に天才テリーも太鼓判を押した!

テリー ザコシさんは「R-1ぐらんぷり」で優勝してから大活躍だね。

ザコシショウ ありがたいですね。以前に「スッキリ」でネタをやってテリーさんに賞をいただいた時もむちゃくちゃうれしかったです。

テリー 「あらびき団」の頃から見ていて好きだったからね。俺、絶対売れないと思っていたんだけどな。

ザコシショウ アハハ、よく言われます。

テリー いや、かなり特殊な芸風だから。そもそも何がきっかけで芸人になろうと思ったの。

ザコシショウ 小学校の時に見ていた「オレたちひょうきん族」です。ビートたけしさんが他の芸人さんにバシバシ突っ込む姿を見て「カッコいいな」と思ったんですよ。憧れましたね。

テリー じゃあ、そこからたけしさんのあとを追って。

ザコシショウ いえ、それが中学生ぐらいになると、エッチを求めて深夜番組を見始めるわけです(笑)。そこで竹中直人さんの「東京イエローページ」という番組を見たら、いわゆる普通のお笑いをやられてなかったんですね。白目をむきながら頭がおかしくなりそうなコントをやっていて、「こんな笑いがあるのか、すごいな」と。

テリー その頃から変なものが好きだったの。

ザコシショウ そうなんですかね(苦笑)。で、高校卒業後に、同級生の浅井(静岡茶っぱ)君と一緒に、吉本興業に入りました。大阪NSCの11期生です。

テリー 静岡生まれなのにどうして大阪まで行くことになったの。

ザコシショウ 当時は芸人になる道としては、ウッチャンナンチャンさんが卒業した横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)かダウンタウンさんのNSCが有名だったんですけど、映画専門学院は学費がすげぇ高くて、入学金だけで60万ぐらい必要だったんですよ。でもNSCは5万ぐらいで入れて、浅井君の家も学費を割く余裕がなかったので「もうNSCしかないね」と。

テリー ああ、友達の事情に合わせて選んだんだ。

ザコシショウ そうなんですよ。あと、そもそも浅井君のほうから「コンビを組もう」って誘われていたんですよ。それなのに高3になったら、浅井君は先生から「現実を見ろ」って説得されて、就職の面接に行っちゃったんです。

テリー えー、自分から誘っておいて、それはひどいじゃない(笑)。

ザコシショウ でも、結局面接に落ちてしまったので、「じゃあ一緒に行こうか」ということになって。

テリー とんだお騒がせ野郎じゃない。

ザコシショウ でも浅井君がそこで就職していたら、たぶん僕は大阪に行ってないと思いますね。知らない土地で慣れない勉強をする度胸は、当時の僕にはありませんでしたから。

テリー なるほど、そこが最初の運命の分かれ道だったわけだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す