芸能

米倉涼子 ミュージカル「シカゴ」“艶”舞台を汗だく実況!(2)全身鏡の前で身体の隅々をチェック

 とりわけ「シカゴ」屈指の名シーンと誉れ高い場面は、側転シーンだ。舞台では股下5センチの超絶ミニワンピース姿の米倉が、クライマックスでぐるりと回転すると、ストッキング着用ながらレオタード越しにスジが浮かび上がり、スポットライトを浴びるのだ。尾谷氏が解説する。

「側転の開脚時に、スカートの中のハイレグの股間がお目見えします。当然、おみ足にはパンストを着用。形式は違えど、公衆の面前で『くぱあ』を披露しているんです。米倉さんは演技力はもちろんのこと、スタイルもルックスも含めてすばらしいものを持っていますが、この『開脚くぱあ側転』からは運動能力の高さもかいま見えるため、いったい夜はどんな運動をされているのか想像してしまうほど。四十八手のいくつかをこの舞台で見せてもらっている感じです」

 また、別のシーンでは、黒のレースで腕から肩口の肌が透けたボディコンを着用。新聞に自分のことが書かれているのを見つけ、大喜びで「YES!」と叫んだかと思いきや、「はあっ」と吐息をこぼす。背中がぱっくりと大きく開いたワンピースの後ろ姿を見せつけながら大股開きになり腰をゆっくり左右に振ってみせるあたりは、さながら騎乗位といったところか。四十路のいい女ならではのセクシーな艶技は一見の価値あり。

 さらに劇中では、しなやかに肩をくねらせながら踊り、歌う姿もある。これぞ米倉エロスの総決算とも言える内容なのだ。

 芸能関係者が明かす。

「米倉はもともとバレエ経験があるため、身体能力の高さには定評があった。加えて、1年ほど前から、趣味で習っているアルゼンチンタンゴにハマッたことでセクシーさにも開眼。磨きをかけているんです。アルゼンチンタンゴは男女がペアになり、リードする男性に女性が合わせて即興で踊っていくスタイル。お互いの呼吸を合わせて体を密着させながら踊る姿は、見ているこっちが照れてしまうほど色っぽい。さらに体型もメリハリのあるボディを手に入れて、ますます進化していますよ」

 米倉本人は「踊れるようになったらどんな世界の人とも踊れる」と、舞台へのフィードバックも宣言。さらには露出狂を連想させる宣言まで飛び出している。

「趣味とはいえ、『シカゴ』へのさらなる意欲を感じるばかりか、家でも全身が映る鏡で全裸ボディを毎日チェックしているとか。肉体改造をすることでさらなる自信につながったようで、インタビューでも『今年はドンドン魅せますよ』と思わせぶりな発言をしていた。今後、肌の露出がますます増えるのではないかと期待してしまいます」(芸能記者)

 いよいよ「ポロリ」も解禁か!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”