スポーツ

八村塁の活躍をテレビで観られない?若者とオジサンで楽天への評価が二分!

 米NBAのワシントン・ウィザーズからドラフト一巡指名を受けた八村塁が、デビュー戦を勝利で飾った。八村はオフシーズンに開催中の「サマーリーグ」にて7月6日(現地時間)、ペリカンズ戦に先発出場。14得点、5リバウンド、1アシストをマークし、初のNBA実戦でその実力を示してみせた。

 8日朝の情報番組では各局で八村の出場試合を紹介。ゴール付近に飛ばしたパスを空中でキャッチし、そのままダンクシュートを決める大技の“アリウープ”について詳しく紹介するなど、八村の活躍ぶりを詳報していた。だが、その放送内容に違和感を抱く視聴者も少なくなかったという。スポーツライターが指摘する。

「番組では八村のアリウープを何回も映し出していましたが、その映像はゴンザガ大学に在籍していた昨年のもの。今回のサマーリーグについては映像ではなく、写真で紹介していたのです。その理由は、NBAの日本における放映権を楽天が独占しており、各局では試合映像を自由に使うことができないため。もちろん楽天にお金を払えば映像を使えるのですが、スポーツ報道用の映像は通常、テレビ局同士が無料で融通し合うもの。しかし楽天が運営する“RakutenTV”はあくまで配信サービスであって放送事業者ではないので、無料利用を認めていないのではないでしょうか」

 楽天ではNBAとの間で17年に、5年254億円(推定)の大型契約を締結。日本におけるNBAの放送権は楽天が独占することになり、他の放送事業者は楽天から映像を買うこととなった。それまでNBA中継に注力していたWOWOWやNHKが試合中継から撤退したのは、楽天との契約が原因だと言われている。

 このNBA放送権独占については、古くからのバスケファンを中心に批判の声が根強い。その一方で、若者からはむしろ歓迎の声も出ているというのだ。スポーツライターが続ける。

「以前はNBAの試合を見るためには自宅にアンテナを設置し、BSやCSのチューナーも用意したうえで、NHKの衛星放送やWOWOWと契約する必要がありました。これが若者にとっては面倒このうえないことに加え、マンションやアパートではアンテナを設置できないケースも多く、NBAを見たくても見られないというファンが少なくなかったのです。それが現在は『RakutenTV』と契約するだけで、自分のスマホやパソコンでいつでも試合観戦が可能。データをスマホなどにダウンロードして出先で見ることができる機能も用意されているので、ネット視聴に抵抗のない若者たちからは《こっちのほうが便利でいい》という声があがっています。しかもそういった若者はテレビの情報番組を見ないので、番組内で試合映像が使えないことなど知るよしもありません。このように同じNBA好きでも、オジサン層と若者の間では楽天に対する評価がすっかり二分している状況です」

 はたして八村の試合をネットで見る流れは定着するのか。ファンの動向が気になるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!