芸能

吉田羊という魔性の「安定銘柄」(2)芸能生活が危ぶまれた騒動

 昨今の芸能界では稀有な遅咲きシンデレラガールだが、ブレイク後も決して順風満帆な道のりを歩んできたわけではない。特にここ最近、自身の芸能生活が危ぶまれる2つの大きな壁が立ちふさがったのだ。

 いまだ未婚の吉田は、16年にジャニーズ事務所の人気グループ・Hey!Say!JUMPの中島裕翔(25)との熱愛が報じられ、スキャンダルの洗礼を浴びる。

「相手は20歳も年下の今をときめく人気アイドル。しかも、7連泊のお泊まり愛ということで本当に驚きました。一部では年の離れたイケメンアイドルをもトリコにする魔性のフェロモンを称賛する声もありましたが、相手はジャニーズが絶賛売り出し中の人気グループの主力メンバーですからね。『さすがに芸能界から干されるのでは?』といった声が数多く聞かれました」(芸能レポーター)

 だが、そうした業界内の予想をみごとに覆し、熱愛騒動後も変わらぬ活躍を見せている。大手芸能事務所の古参マネージャーがその舞台裏を解説する。

「タイミングがよかったと言うほかないね。芸能界に大きな影響力を持つジャニーズだけど、当時はSMAPの解散騒動の渦中で、世間からブラック企業扱いされるなど厳しい目を向けられていた。あからさまに吉田を干すような動きを見せれば、激しいバッシングにつながりかねない。ジャニーズが弱っている時期に熱愛報道があったことで救われたよ」

 なんとか窮地を脱した吉田だが、昨年にはブレイク前から約12年間在籍した所属事務所からの独立騒動が勃発。日本国内での芸能活動休業と英ロンドンへの演技留学も一部女性誌で報じられた。

「芸能人の独立騒動は業界内からも世間からも、おおむね冷ややかな目で見られるケースが多い。特に吉田の場合、無名時代にスカウトという形で自身を発掘した社長兼マネージャーが、女優業に専念するためアルバイトを禁止して事務所への借金という形で生活費も工面してくれた。公私両面でブレイクまでの長い期間を支え続けてきた恩人との離別だけに、物議を醸しました」(芸能レポーター)

 裏切りとも取れる行動が一歩間違えれば、大きな武器である好感度を失いかねない事態となった。しかし、前述の熱愛騒動と同様、ここでも「神風」が吹く。

「本来は事務所からの独立が最大の焦点だったのに、吉田本人が、自身のインスタグラムを通じてファンに直接〈来年も日本で頑張ります〉などと芸能活動の休業および英国への演技留学を否定したことで騒動は沈静化した。しかも芸能ニュースが多い、年末という絶妙のタイミングだったため、他の話題にかき消される形で、それほどバッシングを受けることなく、自然と独立を果たせたんです」(芸能レポーター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」