芸能

芸能界闇営業の「リアル」!(1)地方興行で“顔役”との食事会に呼び出され…

 カラテカ・入江慎也による反社会的勢力の会合への芸人仲介に端を発した「闇営業」問題が、いまだ波紋を広げている。

「事務所を通さずに知り合いなどから直で仕事を受けることを、芸人たちがネタにする時に“闇営業”という言い方をしますが、実はこれ自体は、ほとんどの事務所で黙認されているんです。しかし今回は、その相手が特殊詐欺で何人もの被害者を生んだ反社会的組織だったことで、文字通りの闇営業となってしまったことが暴排条例的に“アウト”ということで厳しい処分が下ったということです」(芸能記者)

 だが、この真の意味での反社会的勢力に対する「闇」営業も、決して珍しいことではない。現在も芸人はもちろんのこと、演歌歌手などの地方の営業の多くが、実は暴力団がらみという話もある。

 例えば、地方の観光ホテルのショー。

「モノマネ芸人やダンサーの仕込みをやっているのが、地元のその筋の事務所という現実があります。その昔、興行にはその筋のにらみがどうしても必要だった歴史が、今も脈々と続いているんです。芸人たちは、ショーが終われば地元の顔役たちとの食事会に引っ張りまわされ、そこでギャラとは別に“お小遣い”がもらえたりする。また呼んでもらうためには、こうした付き合いは欠かせません」(前出・芸能記者)

 営業で稼いできたモノマネ芸人の多くは、そんな過去を数多く抱えている。いつスキャンダルの火の粉が自分に及ぶかと、今頃ビクビクしている者も多そうだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?
5
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯