芸能

欅坂46松田里奈、「アイドルとしては放送事故級のクイズ回答」の大波紋!

 アイドルとしては斜め上の過激さだった!?

 欅坂46の松田里奈がバラエティ番組「ネプリーグSP」(フジテレビ系)に出演したのは7月8日放送回。穴埋め問題で誤った1文字をチョイスしてしまったことで、「放送事故級ワード」ができあがり、いまだに大反響となっているようだ。

 その日、副キャプテンの守屋茜や、強烈な天然キャラである土生瑞穂らとともに欅坂チームの一員として出演した松田は、番組冒頭では元銀行員という異色の経歴を持つ欅坂メンバーとして紹介されていたが、そのインテリなイメージが台無しとなってしまうほどの恥ずかしい姿をさらしてしまった。

 松田がやらかしてしまったのは解答者6人が超常識6文字を完成させる「ハイパーファイブリーグ+」でのこと。回答者はそれぞれひらがなで1文字ずつを答え、「何かしようとすると思いがけない災難もある」という意味のあることわざ〈犬も歩けば〉の後に続く6つの空欄を埋めるという問題が出題された。ここで松田は後ろから2番目の穴埋めを担当。正解は〈ぼうにあたる〉のため、松田は〈た〉と書かなければならなかったのだが、書いた文字はまさかの〈な〉。他の回答者たちは無難に正解した結果、その解答は〈犬も歩けばぼうにあ“な”る〉という、まさかの珍ワードが誕生してしまったのだ。

 これに同じチームのネプチューンの原田泰造、堀内健らが「ちょっと待って!」「映さないで!」と慌てた様子を見せ、敵チームの上野樹里も爆笑してしまっていた。

 松田はそもそもことわざ自体を知らなかったため、〈た〉ではなく、〈な〉という言葉を選んだようだが、何とも卑猥なことわざが完成してしまったことで、ネット上では〈これは放送事故だろ〉〈いやいや、よりによって棒があの部分にかよ(笑)〉〈アイドルの回答としてはNGだろ〉〈家族と見てたけど、なんとも言えない空気になったんだけど〉〈元銀行員の紹介は大オチへの布石だったんかい〉といったツッコミが殺到した。

「ワードがワードなだけに出演者たちもあまりイジることができず、コメントに困っていましたが、よりによって、一番持ってきてはまずいワードを持ってきてしまうところが“持っているな”と感じますね。ただ、恥ずかしいミスをしてしまったことは間違いないのですが、おいしいところをもっていきましたね。それに欅坂のメンバーがネプリーグに出演したのは今回2度目で、2回連続出演となったのは土生1人だけですが、土生は前回出演時に常識的な日本語に関する問題に挑む『日本語ツアーズバギー』の挑戦前には『えっと…一応、漢検5級を持っています』と、なぜか小6修了レベルの漢字力であることを堂々アピール。しかし、結果的に小学校で習う『合唱』を書けずに終了し、さらにクイズ中、唐突に予備校講師でレギュラー出演者の林修に笑顔で『いつやるの?』と雑なフリで約10年前の林の定番ゼリフを引き出そうとするパワープレイを見せ、林は恥ずかしがりながら『今でしょ』を披露していました。爪痕を残すと、番組にまた呼んでもらえることが土生で証明されていますから、松田も次回以降、この世紀の珍回答をイジってもらえるでしょう。気を落とさないでほしいですね」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、松田としては今後の握手会などでファンから鬼のようにネタにされることは逃れられないだろう。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?
5
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ