芸能

有村架純「整形姉もらい事故」と「ある解禁日」(2)周囲が恐れる藍里の「次の一手」

 それにしても、「有村隠し」は徹底している。映画にも顔を出さないのだ。2月に公開された「フォルトゥナの瞳」(東宝)に主演以降、今のところ発表されたのは2本だけ。8月公開のアニメ映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(東宝)と10月公開の映画「駅までの道をおしえて」(キュー・テック)なのだが、いずれも声だけの出演である。

 ここまでくると、前作のトラウマを乗り越えるだけが、有村の連ドラ登板回避とは思えない。案の定、芸能プロ関係者がこう話す。

「姉の藍里(28)が原因なんです。彼女は今年3月に美容整形をしていたことをカミングアウトしましたが、昨年末の段階でドキュメンタリー番組出演、その後の水着グラビアまで決まっていた。いわゆる『闇キャラ』で売り出すことが既定路線でした。それで有村サイドは、あまり姉妹のイメージを付けたくないということで、今年上半期の露出を減らしたのです」

 全ては藍里からの「もらい事故」を避けたいのが本音だという。大げさにも聞こえるが、意外と深刻なのだ。ベテラン芸能レポーターが解説する。

「姉妹のスキャンダルが、どちらかの活動に影響を及ぼすのは、古くは中森明菜の妹・明穂のイメージビデオ出演でもわかるとおりです。17年に藍里は改名を契機に有村姉をアピールして、ヌードを披露。バストトップやヘアは隠していたとはいえ、美尻全開のギリギリセミヌードでした。時期が『ひよっこ』とかぶっていたので、有村サイドは『これ以上、過激なことは‥‥』と、戦々恐々としていた。オールヌードにはなりませんでしたが、次は美容整形の告白ですからね。今はバラエティー番組に整形ネタで引っ張りだこですが、飽きられれば、より過激な売り出し方をしかねない」

 一方、有村はすでに「もらい事故」の被害にあっているという指摘もある。藍里が話題になるにつれて、有村にも疑惑の目が向けられているというのだ。ネットメディアを主戦場とするライターが話す。

「もともと有村はエラが張っていて、本人も気にしていたのか、両頬が隠れるような髪型が多かった。それが、最近は両頬を隠さなくなった。髪型を変えただけなのに、ネット上では『痩せただけとは思えない』などと騒がれているのです」

 そんな周囲の喧騒をよそに、有村姉妹の仲は良好そのもの。互いのインスタグラム(写真投稿サイト)にツーショット写真を掲載。最近も、藍里がインスタグラムで、タイに行ってロケをしたバラエティー番組の告知をすると、有村は即座にコメントを寄せたことが話題となった。

「長らく別々に芸能活動をしていましたから、姉妹関係と仕事は別と考えているんです。それに、今の連ドラ出演が減ったことは、有村にとってはいい休養になっているようで、頻繁に実家に帰省して、地元の友人と旧交を温めるなど羽を伸ばしています」(芸能プロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒