芸能

パワハラ疑惑で吉本興業に大逆風!それでも「宮迫はもう使えない」業界の声

 なんとも歯切れの悪い会見であった。

 反社会的組織の会合への闇営業報道を受け、謹慎中の宮迫博之、田村亮による会見を受けての、吉本興業の岡本昭彦社長の会見。

「宮迫らとの会談で『テープ回してないやろな』については『冗談』、『全員連帯責任でクビにする』について『父親が息子に言う感じで圧力をかけたつもりはない』などと、言葉を濁しながらパワハラのつもりはなかったとしていますが、その感覚には誰もが首をかしげましたね。何より岡本社長の回りくどすぎる説明に、会見場内の報道陣のイライラも募るばかりで、マイナスイメージだけが残るものとなりました」(芸能記者)

 これに吉本所属の芸人たちはこぞって不安やブーイングの声を放ち、会見中、「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に生出演していたトレンディエンジェルの斎藤司などは「イエス、ノーの札を最初に渡しておくべきだった」など、大手マスコミも加わっての袋叩き状態となっている。

「確かに、とても大企業のトップによる対応とは思えませんでしたね。それに、前日の宮迫・亮の会見のインパクトの強さが、よけいにダメさ加減を浮き立たせてしまった。ああいう場に立った場合、やはり芸人のしゃべりには勝てないということですかねえ」(大手芸能プロ関係者)

 ただし、宮迫についてはテレビ制作会社がこうも言うのだ。

「今、完全に吉本が完全に逆風にさらされていますが、だからといって、宮迫が、反社会的勢力が庶民から巻き上げたカネを、間接的にでも手に入れていたという事実は変わらない。むしろ、過去に島田紳助さんの反社とのつながりで痛い目に遭い、その後、そうした暗部を徹底排除してきた吉本が、一度出した宮迫への契約解除を撤回したことには驚きましたよ。若手とは違い高収入を得ていた宮迫が増長していたことは間違いなく、3度にわたる不貞疑惑報道がありながら仕事減が一時的で済んだのも、吉本の看板があってこそ。それに懲りずに、闇営業を巡っても松本(人志)のアドバイスを無視して“ウソ”を突き通したという最悪のイメージは変わりません。松本や明石家さんまに泣きつくのでしょうが、業界ではすでに使いづらいタレントになっていますよ」

 事態がどう転がっても、宮迫にはイバラの道が待っていそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!