芸能

宮迫博之「契約解除撤回」でも重くのしかかる「莫大なマーベル違約金」全貌!

 吉本興業が雨上がり決死隊・宮迫博之のマネジメント契約を解消したと発表したのは7月19日のことだった。ところが、周知のように、翌日に宮迫と田村亮が吉本の「謝罪会見を開かせない圧力」などを涙ながらに告白した会見を開いたことで事態は急変。20日に吉本の岡本昭彦社長が処分を撤回することを表明する一方、その歯切れの悪い話しぶりに世間の風向きは芸人サイドに同情的になるなど、混乱が続いている。

 とはいえ、変わらないのは宮迫自身が反社会勢力への闇営業を行い、ギャラをもらっていないとウソの説明をしていたという厳然とした事実。宮迫の芸能活動再開は当分不可能だろう。その宮迫は10本ものレギュラー、準レギュラー番組を抱える売れっ子。謹慎処分の時点ですでに各番組は宮迫対策を終えているが、今後、さらなる見直しを求められることになりそうだ。

「中には違約金を求める局も出てくるかもしれません。そうなった場合、違約金は契約解消を撤回した吉本興業が払うのかもしれませんが、テレビ局よりも大きな違約金が発生する可能性のある仕事も抱えているんです」(芸能関係者)

 それは映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの人気映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」だ。同シリーズにおいて宮迫は「ホークアイ」ことクリント・バートンの日本語吹替を担当している。宮迫がバートンの吹替を担当した作品は12年の「アベンジャーズ」に始まり、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ/エンドゲーム」と4作品にものぼる。

「宮迫の闇営業問題が発覚し、謹慎処分になった時、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は劇場で上映中でした。ただ、残りがあと数日だったこともあり、声を差し替えることはなく、そのまま上映されました。エンドゲームを含めた4作品のDVD、ブルーレイ、配信版を宮迫から変更するとなるとお金がかかり、宮迫の違約金も莫大な額になります」(エンタメ誌ライター)

 問題は今後公開される映画についても及んでいる。マーベル・シネマティック・ユニバースはすでに「エターナルズ」「マイティ・ソー4」「ブラック・ウィドウ」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー最新作」(タイトルはすべて仮のもの)の4本が製作中、もしくは製作が決定したとされている。宮迫に関係がありそうなのは「ブラック・ウィドウ」だ。

同作はスカーレット・ヨハンソン演じるロシアの元スパイ、ナターシャ・ロマノフが主人公の物語で、来年公開予定だという。

「ナターシャ・ロマノフと宮迫が声を担当したバートンは極めて親密な関係で、これまでの作品には2人の間に仕事面、プライベートで何らかの関係があったことを示唆するシーンがあります。当然、『ブラック・ウィドウ』にもバートンは出てくるでしょう。となれば宮迫から別の人に声優を代えなければいけません。ここで違約金が発生する可能性もあります」(前出・エンタメ誌ライター)

 契約社会と言われるアメリカだけに、マーベルは出演者、制作スタッフと細かな契約を結んでいる。その内容が明らかになることはまずないが、違約金に関する取り決めも事細かに決まっているとされる。契約書が存在しなかった吉本興業とは大違いだが、はたしてこちらの問題はどんなふうに着地するのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!