芸能

有名人「残念な身内」列伝(終)息子の不祥事で差が出た高畑淳子・みのもんた

 有名芸能人の二世の犯罪が、世間を賑わせることもある。

「大スキャンダルとなりますが、子供といってもすでに成人している場合、ワイドショーなどでは“親の責任”の有無が大きな議論を呼んできました」(ワイドショー関係者)

 だが実は、この時に真に問われるのは、親の仕事への評価である。

「2016年に、俳優の高畑裕太が映画のロケで滞在していたホテルの従業員女性へ乱暴を働いたとして逮捕されたときも、母・高畑淳子の仕事への影響は避けられないと思われました。しかし、その高い演技力で替わりがいない名バイプレイヤーとして確たる地位を築いている彼女の仕事には、大きな影響はなく、裕太の逮捕で生じた2000万円とも言われる違約金などは、難なく弁済できたといいます」(同)

 反対に、仕事を激減させたのは、みのもんた。13年、日本テレビの社員だった次男が、泥酔して道で寝ていた男性のカバンからキャッシュカードを盗み金を引き出そうとしたとして窃盗未遂容疑で逮捕。みのへの猛バッシングが巻き起こり、その後、テレビのレギュラーは「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)一本になってしまった。

「当時、新人で『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)に出演していた吉田明世アナへのハラスメント疑惑とも重なったのは不運でした。しかし、ギネス記録にもなるほどのテレビ出演数を誇りながら、生放送の番組中に平気で居眠りをするような仕事ぶりには、関係者の間でも否定的な意見がありましたからね」(テレビ雑誌記者)

 子供の不祥事による親への影響度も、日ごろのイメージが大きく左右するということだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから