芸能

フジ音楽特番、今年の低空飛行の一因に嵐の「起用法」!

 7月24日に放送された音楽特番「FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系)の平均視聴率が11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調だったことがわかった。

「『うたの夏まつり』は今年の夏で8年目の放送になります。森高千里、アンジャッシュ・渡部建の『Love Music』の司会者コンビに、元フジアナの加藤綾子が司会を担当。約4時間半の生放送でしたが、昨年は12.2%なので、マイナス0.72%の右肩下がりになった形です。今年の瞬間最高視聴率は、『ディズニースペシャル企画』メドレーの15.2%。DA PUMPと宝塚歌劇団雪組の『U.S.A.』コラボ、伊藤蘭のキャンディーズ時代の代表曲『年下の男の子』の41年ぶりの披露など、小粒な企画が目立つ印象でしたね」(テレビ誌記者)

 それにしても、今夏は音楽番組特番が目白押しだった。6月26日放送の「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京系)を最初に、7月7日放送の「THE MUSIC DAY~時代~」(日本テレビ系)、7月13日放送の「音楽の日」(TBS系)と続いた。各局の平均視聴率はそれぞれ、9.7%、16.3%、11.8%だった。

「テレ東にはかろうじて勝ったものの、日テレ、TBSに及ばなかったフジは、他局に比べ放送時間も短いうえ、スペシャル感を演出しようとして、やたらコラボやカバー曲が多かったですね。一番人気の嵐は出ずっぱりでなく、裏番組の『東京2020オリンピック・パラリンピックまで1年!』(NHK総合)の生放送特番に出演。同じ時間帯に出演することはできないので、後半しか顔を出せず、それもデビュー当時からのお宝映像とデビュー曲の『A・RA・SHI』など2曲を事前収録したものでお茶を濁していたので、ファンもがっかりだったでしょうね」(芸能ライター)

 フジを代表する番組枠「月9」が昨年7月クール以降平均視聴率2ケタを記録するなど回復基調にあることから、低迷も底を打ち、強いフジテレビ復活か!?とささやかれるまでに。だが、こと音楽特番に関しては、復活にはまだまだ時間がかかりそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手