芸能

吉本「反旗芸人」に血の粛清が始まった(3)加藤と友近にスキャンダルが

 とはいえ、形勢は逆転の様相。今や加藤、宮迫ら反旗芸人は厳しい状況に追い込まれているというのだ。

「そもそも経営陣は芸人など小さなコマとしか思っていない。番組のパッケージができていれば、たとえ芸人が不祥事を起こしても入れ替えればいいと考えている。あの紳助騒動後も『行列のできる法律相談所』(日テレ系)は東野、後藤、宮迫で乗り切れたと自負している」(スポーツ紙デスク)

 8年前に密接交際により芸能界を去った島田紳助(63)までがメディアを通じて宮迫へ「吉本を辞めたらアカン」と後方支援に乗り出したが、当人はどこへ行くのか。バラエティー番組の構成作家が打ち明ける。

「宮迫は会見を開いた時からすでに吉本を出るハラを固めていました。紳助ホットラインにより、宮迫の身受け先はさんまの個人事務所。反社とのつながりでスポンサー離れが懸念されるが、謹慎が解ければさんまの番組に出ることができます。ただ、事務所を辞めるとなれば『アメトーーク!』(テレ朝系)は存続できないでしょう。一方の亮も、宮迫とは『銀座7丁目劇場』で一緒に活動した仲間で結束は固い。“宮迫アニキ”に追従する可能性が高い」

 宮迫・亮に続き、加藤、友近まで飛び出せば、いよいよ吉本は崩壊するのだろうか!?

「いや、事態はむしろ逆です。今後、経営陣は会社を非難する芸人を一斉に粛清、“皆殺し”にすることをもくろんでいるのです。岡本社長は懇意のメディアにネガティブ情報をリークして潰そうとしている。加藤とは会談続行中のはずだが、元マネージャーとの独立計画や『スッキリ』の私物化がすでに記事化された。友近を黙らせるためにも、『友近のパワハラでマネージャーが10人も変わっている』との情報が吉本サイドから流された。他でもない宮迫に関しては、真偽不明のシャブ使用疑惑の怪情報まで流されている」(構成作家)

 吉本版、非情のライセンスはすでに発動されているという。

「会社批判をした見せしめとしてスキャンダルをまき散らせば、批判の声など根絶やしにできる。もちろん、うかつに追随したノブコブ吉村やハリセンボンの近藤春菜(36)にも飛び火するでしょう。当の2人の相方の蛍原と淳は吉本残留です。実は、淳は吉本にある恩義があって女絡みのイザコザをうまく処理してくれたのが岡本社長だったんです」(スポーツ紙デスク)

 所属芸人を威嚇する闇パワーが炸裂すれば、お家騒動は無事収まり、お笑い吉本帝国は無事安泰! こんな黒い冗談では視聴者はひきつり笑いしかできないはずだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!