芸能

吉本「反旗芸人」に血の粛清が始まった(3)加藤と友近にスキャンダルが

 とはいえ、形勢は逆転の様相。今や加藤、宮迫ら反旗芸人は厳しい状況に追い込まれているというのだ。

「そもそも経営陣は芸人など小さなコマとしか思っていない。番組のパッケージができていれば、たとえ芸人が不祥事を起こしても入れ替えればいいと考えている。あの紳助騒動後も『行列のできる法律相談所』(日テレ系)は東野、後藤、宮迫で乗り切れたと自負している」(スポーツ紙デスク)

 8年前に密接交際により芸能界を去った島田紳助(63)までがメディアを通じて宮迫へ「吉本を辞めたらアカン」と後方支援に乗り出したが、当人はどこへ行くのか。バラエティー番組の構成作家が打ち明ける。

「宮迫は会見を開いた時からすでに吉本を出るハラを固めていました。紳助ホットラインにより、宮迫の身受け先はさんまの個人事務所。反社とのつながりでスポンサー離れが懸念されるが、謹慎が解ければさんまの番組に出ることができます。ただ、事務所を辞めるとなれば『アメトーーク!』(テレ朝系)は存続できないでしょう。一方の亮も、宮迫とは『銀座7丁目劇場』で一緒に活動した仲間で結束は固い。“宮迫アニキ”に追従する可能性が高い」

 宮迫・亮に続き、加藤、友近まで飛び出せば、いよいよ吉本は崩壊するのだろうか!?

「いや、事態はむしろ逆です。今後、経営陣は会社を非難する芸人を一斉に粛清、“皆殺し”にすることをもくろんでいるのです。岡本社長は懇意のメディアにネガティブ情報をリークして潰そうとしている。加藤とは会談続行中のはずだが、元マネージャーとの独立計画や『スッキリ』の私物化がすでに記事化された。友近を黙らせるためにも、『友近のパワハラでマネージャーが10人も変わっている』との情報が吉本サイドから流された。他でもない宮迫に関しては、真偽不明のシャブ使用疑惑の怪情報まで流されている」(構成作家)

 吉本版、非情のライセンスはすでに発動されているという。

「会社批判をした見せしめとしてスキャンダルをまき散らせば、批判の声など根絶やしにできる。もちろん、うかつに追随したノブコブ吉村やハリセンボンの近藤春菜(36)にも飛び火するでしょう。当の2人の相方の蛍原と淳は吉本残留です。実は、淳は吉本にある恩義があって女絡みのイザコザをうまく処理してくれたのが岡本社長だったんです」(スポーツ紙デスク)

 所属芸人を威嚇する闇パワーが炸裂すれば、お家騒動は無事収まり、お笑い吉本帝国は無事安泰! こんな黒い冗談では視聴者はひきつり笑いしかできないはずだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”