芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2019上半期(2)整形疑惑を否定した大仁田

 こんなタイミングで、せんだみつおが生島ヒロシの事務所に。なぜ今、反社トラブルの過去のあるせんだみつおを?

 生島ヒロシの男気ぶり。小林麻耶を取ったりね。

 楽しんごも闇営業で解雇されていた。

 楽しんご、高円寺界隈の銭湯に来て、うちの運転手をメチャメチャ口説くんだよ。デカくて怖いよね。

 楽しんごさん、昔、事件ありましたよね。

 武闘派なんですよ。付き人に「ジャブ注入」だったり。

 ジャブ注入は怖えなあ。闇営業は結局、申告しない税金問題だよね。

 だけど、御祝儀、車代なんか申告するか?

 それ言いだしたら、相撲界から何から。

 全部アウトだよ。

 昔、クラブでライブをガンガンやってた頃は、どんどんポケットに現ナマが入ってくるから。すごく金持ちになった気になる、という時代があった。

 それでも、たかだか15万ぐらいじゃないの?

 そうそう。若いから「うわっ、俺、チョーお金持ちだぜ」「なんでもできるぜ」みたいなこと思ってるんだけど。かわいいもんですよ。

 でも、豪ちゃんなんか、ロフト行っても、どこ行っても、取っ払いで。

 そうですね。まあ一応、税金を引いてはいるけど。だけど、ロフトの店員がロフトを通さないイベントをやり始めて。あれは明らかに税金払ってない気がするんですよ(笑)。

 この問題、演歌まで広げていったらもう大変だよね。

 誰かさ、「ええっ、僕、週刊誌とかでよく読むんですけど、けっこう大手の事務所のバックとかって、そういうの付いてるんじゃないんですかあ?」って、生放送でバカのフリして言っちゃえばいいのに(笑)。「なんでこっちだけ怒られるんですかあ?」って。

 誰か言ってほしいな。

 うん、誰か1人ぐらい、言ってくれないかなあ。全部資料とかバッチリそろえて、「いや、ここに何年何月号のアサヒ芸能がたまたまあるんですけど、こう書いてあるんですよねえ‥‥これ、違うんですかあ?」って。

 芸能事務所、放送局も言いだしたらキリがない。

 謝罪会見転じて、ロフトプラスワンでやるようなトークショーになってるという。

 でも、出方としては取っ払いがいちばんうれしいんだから。

 そりゃうれしいよ。

 あれだけ反社の人とか見てきた入江(慎也)さんが、「今まで会ったいちばん怖い人は加護ちゃんの前のダンナさん」と言ってたんですよ。ホントに怖かったんだろうなって。

 もう、会長、社長とか、そういう人とはつきあわないほうがいい。俺みたいに近所の八百屋のオヤジとか、そういう人とつきあわなきゃ。

 前に函館のスナックで自称・電気屋のおじさんに一緒におごられたりしてるじゃないですか。実際のところ、わかんないよ。

 いや、あれはホントの電気屋だよ。

 名刺見せてもらいましたけど、わかんないよ。「玉ちゃんさ、吉本に押され気味じゃないの」って。

 ハハハハハハ。「うるせえなあ」って。

 大仁田厚、「整形の噂を広めたのは蓮舫」と整形を否定。これ、ホントにひどかったですね。インタビュー読んでも全然、蓮舫が広めた形跡も何もない。「あいつに違いない」って突然言いだして。

 唐突すぎる。

 ボクのインタビューの時も大仁田は整形してないと言い張ってました。どう見ても、ある時期から顔が西城秀樹化してるのに。そして氏神一番が実年齢を公表。

 60歳。どうですか、吉田さん、お会いしてて年齢感というのは。

 あの人、別に年齢隠してもいないですよね。一応、江戸時代生まれという設定にはなってますけど。

 アハハハハハ。

 「若えな」って、逆に(笑)。

 本人も江戸時代から数えた年齢が急に出ないんですよ。そこまで設定を詰めてないから。

 この氏神一番はアサヒ芸能人としては欠かせないな。

 恋愛電話相談業を始めた坂本一生とか。氏神さんとネット番組で一緒になった時にわざと詰めたんですよね。「氏神さんはやっぱりロッカーだからドラッグくらいやってますよね」って言ったら「いやあ、やめてよー」って言いながらも、「●●は昔ちょっと」って言いだして(笑)。

 脇、甘すぎるよ、それ。

 「回ってきたから」みたいな感じで言い訳するんですよ。

 カッコ悪いカミングアウトだな。

<座談会メンバー>

:水道橋博士/:玉袋筋太郎/:吉田豪/:宇多丸

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃