政治

丸川珠代 トップ当選で発揮した「ジジ殺し」作戦

 7月21日投開票の参議院選挙で約114万票を東京選挙区で獲得し、トップ当選を果たした自民党の丸川珠代議員(48)。その裏で意外な選挙戦術が目撃されていた。

 07年の政界入りから「女ヤジ将軍」と呼ばれる奮闘ぶりを見せた彼女は、ここにきて「次期都知事」の最有力候補と呼ばれるまでに権勢を拡大している。そんな丸川氏の権力の源泉の裏には政界随一の魔性ぶりがあった。彼女を間近でサポートするスタッフが明かす。

「丸川が有権者や自民党のお偉方の心をつかんでいる最大の武器が、ジジ殺しの色気です。先日の参院選の選挙戦でも、彼女ならではの『お色気作戦』が遺憾なく発揮されていましたね」

 トップ当選に導いた「お色気作戦」とはまさに、肉体戦略にほかならない。

「街頭演説のあと、近づいてきた高齢の男性を見るや、いきなりギュッと抱きつき、自分への支持を哀願していました。彼女のボディに魅了された男性は『アンタに入れるよ!』と、喜々として言ってましたよ」(スタッフ)

 もっぱら魔性パワーで支持を広げていることは、永田町でもすっかり有名に。

「丸川はとにかくオトコ心を知り尽くしている。有権者の男性と握手をする際は、相手の目をのぞき込むように凝視するうえ、自分からは絶対に手を離さないんです。彼女の周囲では、公職選挙法違反ならぬ『好色選挙法違反だよ』といったジョークが飛び交っているぐらいですよ」(永田町関係者)

 かつての丸川氏からはあまりセクシーさを感じないと思った御仁も少なくないだろう。だが、そのフェロモンは意外なところで発揮されていたのだ。国会担当記者が引き取って語る。

「実は以前、彼女は現職の国会議員としては例のない『セクシーグラビア』を披露していて、永田町で大きな話題となったんですよ」

 それは10年に刊行された司法雑誌「ジュディシャル・ワールド」6号という専門誌でのことだった。

「当時39歳の彼女はノースリーブのミニワンピースと黒タイツといういでたちでお色気ムンムン。お堅い雑誌にもかかわらず、オトコを挑発するような上目遣いの写真などセクシーカットが満載。当時、民主党政権下で野党議員となっていた安倍総理も『すごく魅力的なグラビア』と大絶賛。この雑誌を手に彼女の事務室を訪れ、サインを書いてもらった議員も相当いた」

「お色気作戦」で、次は小池百合子都知事打倒に動くか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性