政治

丸川珠代 トップ当選で発揮した「ジジ殺し」作戦

 7月21日投開票の参議院選挙で約114万票を東京選挙区で獲得し、トップ当選を果たした自民党の丸川珠代議員(48)。その裏で意外な選挙戦術が目撃されていた。

 07年の政界入りから「女ヤジ将軍」と呼ばれる奮闘ぶりを見せた彼女は、ここにきて「次期都知事」の最有力候補と呼ばれるまでに権勢を拡大している。そんな丸川氏の権力の源泉の裏には政界随一の魔性ぶりがあった。彼女を間近でサポートするスタッフが明かす。

「丸川が有権者や自民党のお偉方の心をつかんでいる最大の武器が、ジジ殺しの色気です。先日の参院選の選挙戦でも、彼女ならではの『お色気作戦』が遺憾なく発揮されていましたね」

 トップ当選に導いた「お色気作戦」とはまさに、肉体戦略にほかならない。

「街頭演説のあと、近づいてきた高齢の男性を見るや、いきなりギュッと抱きつき、自分への支持を哀願していました。彼女のボディに魅了された男性は『アンタに入れるよ!』と、喜々として言ってましたよ」(スタッフ)

 もっぱら魔性パワーで支持を広げていることは、永田町でもすっかり有名に。

「丸川はとにかくオトコ心を知り尽くしている。有権者の男性と握手をする際は、相手の目をのぞき込むように凝視するうえ、自分からは絶対に手を離さないんです。彼女の周囲では、公職選挙法違反ならぬ『好色選挙法違反だよ』といったジョークが飛び交っているぐらいですよ」(永田町関係者)

 かつての丸川氏からはあまりセクシーさを感じないと思った御仁も少なくないだろう。だが、そのフェロモンは意外なところで発揮されていたのだ。国会担当記者が引き取って語る。

「実は以前、彼女は現職の国会議員としては例のない『セクシーグラビア』を披露していて、永田町で大きな話題となったんですよ」

 それは10年に刊行された司法雑誌「ジュディシャル・ワールド」6号という専門誌でのことだった。

「当時39歳の彼女はノースリーブのミニワンピースと黒タイツといういでたちでお色気ムンムン。お堅い雑誌にもかかわらず、オトコを挑発するような上目遣いの写真などセクシーカットが満載。当時、民主党政権下で野党議員となっていた安倍総理も『すごく魅力的なグラビア』と大絶賛。この雑誌を手に彼女の事務室を訪れ、サインを書いてもらった議員も相当いた」

「お色気作戦」で、次は小池百合子都知事打倒に動くか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
こんなの見せていいの?菜々緒の食い込みヒップショットが艶すぎる!
5
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ