政治

マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ

“奇跡の参院当選”から大暴れ。悪目立ちを通り越して目立っているのが、「NHKから国民を守る党(N国党)」の立花孝志党首。YouTubeを使った今時な戦略で支持者とアンチのどちらをも確実に増やしている立花氏が話題をさらっているのが、8月12日に「TOKYO MX」を訪れた問題だ。

 7月29日に同局の人気番組「5時に夢中!」でマツコ・デラックスが「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら迷惑だし、これから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「冷やかしもあって、ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」といつものマツコ節を全開したことが発端で、これに立花氏が激怒。「N国に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」とマツコが生出演中の同局におしかけ番組出演などを要望したという流れだ。

「言ってることはわかりますが、その方法に疑問を抱いている人が多いですね。高須クリニックの高須克弥院長は『営業妨害』と批判してますし、局の前でどこまで本当かわからない『マツコ・デラックスが番組を降りるそうです』とまるでケンカに勝ったかのように叫ぶ光景は、多くの人を『怖いんですけど』と不安にさせたようです。それもN国党が目立つための戦略かもしれませんが、最初は立花氏の言い分もわかると理解を示していた人まで、SNS上で『やっぱマツコの言うとおりじゃん』『やり方が気持ち悪い』『ちょっとカチンときたからって、国会議員が一般有権者にこんなことする?』とあ然。『気に入らないから出てこい!お前ぶっ壊すぞ!このやり方はあおり運転と同じと思う』と、立花氏の行動が常軌を逸しているのではないかと批判的な声も聞かれましたね」(週刊誌ライター)

 どっちが良い悪いは別として、ここにきて一転して立花氏が叩かれる羽目になっているとか。

「自分でも『しつこい』という立花氏は、YouTubeで『5時に夢中!』の番組スポンサーでもある崎陽軒やソニー損保などの不買運動を提唱。マツコ・デラックスが謝罪するまで買わない”と宣言して、支持者にも促していましたね。でも、この動画が拡散されると、SNS上は一気に激怒モードに。崎陽軒ファンや横浜市など地元の神奈川県民から『崎陽軒ぶっ壊すとかナメてんのか』『崎陽軒をディスるのは全神奈川県民を敵に回すのと同じですけど』『N国党は潰れても崎陽軒は潰れない』『マツコ頑張れ』と一斉ブーイングです。トレンドの1位に崎陽軒がランクされるほどで、シウマイ弁当はいつも以上にバカ売れ状態とも聞きました。一部には崎陽軒が売り上げアップしたら、立花党首は『自分のおかげと言いそうなタイプ』と皮肉っぽく書き込んでいる人もいましたが、どちらにせよ、マツコより格段にデラックスな相手を敵に回したかもしれません」(前出・週刊誌ライター)

 神奈川県民のソウルフードとも言われている崎陽軒のシウマイ。N国党に投票した神奈川県民には立花氏はどう説明するのか。

(山田ここ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?