政治

マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ

“奇跡の参院当選”から大暴れ。悪目立ちを通り越して目立っているのが、「NHKから国民を守る党(N国党)」の立花孝志党首。YouTubeを使った今時な戦略で支持者とアンチのどちらをも確実に増やしている立花氏が話題をさらっているのが、8月12日に「TOKYO MX」を訪れた問題だ。

 7月29日に同局の人気番組「5時に夢中!」でマツコ・デラックスが「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら迷惑だし、これから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「冷やかしもあって、ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」といつものマツコ節を全開したことが発端で、これに立花氏が激怒。「N国に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」とマツコが生出演中の同局におしかけ番組出演などを要望したという流れだ。

「言ってることはわかりますが、その方法に疑問を抱いている人が多いですね。高須クリニックの高須克弥院長は『営業妨害』と批判してますし、局の前でどこまで本当かわからない『マツコ・デラックスが番組を降りるそうです』とまるでケンカに勝ったかのように叫ぶ光景は、多くの人を『怖いんですけど』と不安にさせたようです。それもN国党が目立つための戦略かもしれませんが、最初は立花氏の言い分もわかると理解を示していた人まで、SNS上で『やっぱマツコの言うとおりじゃん』『やり方が気持ち悪い』『ちょっとカチンときたからって、国会議員が一般有権者にこんなことする?』とあ然。『気に入らないから出てこい!お前ぶっ壊すぞ!このやり方はあおり運転と同じと思う』と、立花氏の行動が常軌を逸しているのではないかと批判的な声も聞かれましたね」(週刊誌ライター)

 どっちが良い悪いは別として、ここにきて一転して立花氏が叩かれる羽目になっているとか。

「自分でも『しつこい』という立花氏は、YouTubeで『5時に夢中!』の番組スポンサーでもある崎陽軒やソニー損保などの不買運動を提唱。マツコ・デラックスが謝罪するまで買わない”と宣言して、支持者にも促していましたね。でも、この動画が拡散されると、SNS上は一気に激怒モードに。崎陽軒ファンや横浜市など地元の神奈川県民から『崎陽軒ぶっ壊すとかナメてんのか』『崎陽軒をディスるのは全神奈川県民を敵に回すのと同じですけど』『N国党は潰れても崎陽軒は潰れない』『マツコ頑張れ』と一斉ブーイングです。トレンドの1位に崎陽軒がランクされるほどで、シウマイ弁当はいつも以上にバカ売れ状態とも聞きました。一部には崎陽軒が売り上げアップしたら、立花党首は『自分のおかげと言いそうなタイプ』と皮肉っぽく書き込んでいる人もいましたが、どちらにせよ、マツコより格段にデラックスな相手を敵に回したかもしれません」(前出・週刊誌ライター)

 神奈川県民のソウルフードとも言われている崎陽軒のシウマイ。N国党に投票した神奈川県民には立花氏はどう説明するのか。

(山田ここ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!