スポーツ

女子ゴルファー「バスト・ヒップ・美脚」部位別艶ランキングを独占公開!

 女子ゴルフ界の“バスト番長”といえば、推定Fカップの原江里菜だ。山脈のようにドーンと君臨し続け、成長著しい黄金世代の前に立ちふさがる。スポーツ紙カメラマンが話す。

「デカ胸は本人も自覚してるよ。『邪魔にならない?』と聞けば『ホント、邪魔。(アスリートにとっては)メリットないもん』って、笑いながら胸を張って答えるもん。いつも肩コリに悩んで、毎朝のようにヨガで体調アップを図っていたぐらいだよ(笑)」

 夏場になれば、ウエア契約する「サマンサタバサ」の最新モデルを着こなし、自慢の巨胸を揺らしてはオヤジファンを魅了してきた。

しかし今夏は、人気ブランド「BEAMS」と契約する渋野日向子に主役の座を奪われ気味だ。渋野が一気に順位を上げてきた。

「サイズもEカップはあり、海外メジャー『全英女子オープン』初制覇の舞台での“揺れ”は話題騒然だった。特に3日目はゆったりしたブルー地の半袖シャツで登場し、豪快なショットの瞬間だけではなく、坂道を早歩きで移動する際にも、たわわな胸が上下にプルンプルンと揺れまくった(笑)」

 カップの奥の壁にドーンとぶち当たて沈める“壁ドン”パットのように、ブラカップの中で暴れまくる。

 女子ゴルフには華やかなプロアマ戦の前夜祭がある。まさに美の競演の前哨戦だ。広告代理店関係者が話す。

「スポンサー関係者の注目度がアップしているのが、今年6月にツアー初勝利した原英莉花。身長173センチの彼女がドレスアップして登場すると、一段と会場が華やぎ、ツンと上向きのロケットバストに目を奪われるんです」

 バスト女王争いであれば、ゴルフ界のアイドル・三浦桃香も負けてはいない。会心のショット炸裂で上位をうかがう。

「桃香ちゃんを見るなら、やっぱりティーグラウンドだね。職業病ともいえる腰痛と手首痛に悩み、成績こそ伸びあぐねているけど、1番ホールに現れ、ニコッとほほ笑むや、大歓声に包まれる。観戦する時は、彼女がルーティンに入ったら左胸に注目です。必ず、右手を推定Eカップバストに添えるから…。今期の桃香ちゃんは『ウエアがパツパツ~』と話すだけに、右の手のひらが巨胸をグッと押し上げる瞬間を目撃できるかも(笑)」(前出・スポーツ紙カメラマン)

 元祖バスト番長の原(江)を黄金世代の人気3人娘が追う展開だ。しかし、一気に抜き去り10打差以上付けてしまった選手がいるという…。

 新バスト女王の顔ぶれと、さらには「豊かなヒップ」「美脚」部門の詳細は、8月27日発売のアサヒ芸能9月5日号で徹底レポートしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上