芸能

「あな番」に勝てない「ルパンの娘」がSNS狙いの暴挙に出た!?

 9月8日の最終回が異例とも呼べる19.4%の視聴率を記録し、SNSを中心に“あな番現象”を巻き起こしたのが「あなたの番です」(日本テレビ系)だ。

「2クールという近年では珍しい放映回数でしたが、前半はなかなか視聴率が上がらず、先行きが不安視されていました。それがハネたのは、ヒロインの原田知世が死ぬという予想外の展開を見せた前半終了のあたりからです」(テレビ誌編集者)

 一方、鳴り物入りで始まった深田恭子主演の「ルパンの娘」(フジテレビ系)は、初回の8.2%から一向に上がらず、8月29日の第8話も5.7%と苦戦している。ところが、それでも関係者の表情は明るいという。

「リアルタイム視聴率こそ1ケタのままですが、実はタイムシフト視聴率(番組録画を1週間以内に視聴)はリアルタイムを上回り、実質は20%に届く勢い。さらに動画配信サービスの『FOD』では、視聴数が100万回を軽く超えています」(前出・テレビ誌編集者)

 さらにここへきて「あな番」と同じくSNSのトレンド指数も急上昇。その効果を肌で感じてか、第8話では「ネット狙い?」としか思えないほど、小ネタを随所にちりばめている。

「深キョンは『Lの一族』と呼ばれる泥棒一家の長女役ですが、この日は一家全員が滑走路を横一列に歩く『Gメン’75』のパロディに始まり、父親役の渡部篤郎は『トラック野郎』の衣装とポーズ。母親役の小野真珠は、自身の代表作『牡丹と薔薇』から、あの『役立たずのブタ』の名セリフが飛び出しました」(放送作家)

 さらに「幸福の黄色いハンカチ」や「一杯のかけそば」、そして「ホームレス中学生」まで、1話の中にこれでもかと詰め込む。

「極めつきは祖母役のどんぐりが、白塗りの貴婦人姿に扮したこと。これは実在した『横浜メリー』という人物のパロディで、役名も『大阪ジェーン』と寄せてきた。いったい、何人が元ネタをわかったのかと思いましたが、ネット上は過去最大の論争となっていたから、もくろみは大当たりでした」(前出・放送作家)

 最終回に向けて奇跡は起こるのか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
2
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
3
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?
4
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
5
ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(1)長かったいかりや長介の説教