芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(3)「肉欲強者」を自任する宮地真緒の“腰使い”

 歴代ヒロインの豪華キャスティングが話題となった「なつぞら」に、出演が叶わなかった女優たち。2002年「まんてん」で主演を務めた宮地真緒も、そのうちの一人だ。

「18歳で、宇宙飛行士を目指すヒロインを演じて、清純派女優として注目されますが、その2年後に音楽関係の仕事をしていた男性との同棲がフライデーされ、ファンに号泣謝罪。しかし、その影響からか仕事は激減しました。それでも10年には映画『失恋殺人』で生まれたままの姿を披露して、女優として大勝負に出たわけです」(芸能記者)

 水着姿でも人気を博したこともある、87センチの美バストはド迫力。

「そのバストを男に顔にグイグイ押し付ける積極性、腰の動かし方が難しい“座位”も堂にいっていて、アノ部分を擦り付けるようないやらしい腰使いにコーフンさせられました。彼女は15年の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、自身の淫欲について『すごく強いです』と衝撃の告白をしていますが、あの腰使いが、それを完全に証明していましたね」(映画ライター)

 そんな宮地は、14年の映画「妻が恋した夏」でも激しい絡みを演じて見せてくれている。

「その後、17年に大手プロから移籍し、同年夏の『24時間テレビ』(日テレ系)内で14年間交際してきたという彼氏に公開プロポーズを受け、これを嬉し涙で受諾したことが話題になりました。それでも翌年、『ダウンタウンDX』(日テレ系)でまたも新婚生活での欲求不満ぶりをぶっちゃけてスタジオを仰天させおり、その強者ぶりは変わっていないようですね」(夕刊紙記者)

 その勢いで、また迫真の艶技を見せて欲しいものである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!