芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子

 NHK朝ドラ100本目の記念作品として注目されてきた、広瀬すず主演の「なつぞら」。山口智子や松嶋菜々子などの歴代ヒロインが大挙出演するオールスターによる豪華キャスティングも話題となったが、今も現役で活動を続けながら、この「なつぞら」からお呼びがかからなかったヒロインも多い。

「2004年の『天花』のヒロインだった藤澤恵麻のように“あの人は今”になっているなら、産婦人科でのワンシーンでの出演もオファーしやすかったでしょうけど、例えば『花子とアン』(14年)の吉高由里子を呼ぶとなれば、やはりそれなりの役を用意せねばならず、スケジュールやギャラの調整も難しい。出たくても出られなかった女優も大勢いたはずです」(ドラマ関係者)

 ということで、そんな彼女たちのためにも“そういえば朝ドラヒロインだった!”と、この機会にどうか思い出してあげてもらいたいもの。

「ヒロインを務めた後に、大胆にも全脱ぎした姿を披露して大人の女優へと成長していった者もいれば、最近は、デビュー直後に絡みシーンを演じて女優としての地位を確立してから、指名を受けた者もいる。朝ドラのイメージよりも、鮮烈な体を張った場面の印象が強くなった女優も数多いですからね」(芸能記者)

 例えば、「カーネーション」(11年)の尾野真千子である。

「朝ドラ出演時には、すでに“脱げる女優”として映画関係者から高い評価を得ていましたね。特に激しかったのは、朝ドラ出演の1年前、10年公開の『真幸くあらば』での、闇夜の“一人プレイ”シーンです」(映画ライター)

 刑務所にいる男と時を合わせて自身の下半身をまさぐることで固く結ばれようとする、いやらしくも切ない設定だった。

「塀の中の男のことを思いながら、細く長い指を推定Dカップの柔らか美バストに食い込ませて何度も揉みしだき、吐息を漏らす。指の間からピョコンと飛び出したバストの先端は痛々しいほどに硬く尖っており、前貼りなしで挑んだという大事な場所に伸びたもう片方の手の動きも激しくなり、豪快に果ててしまうんです」(前出・映画ライター)

 広瀬すずも、いつかこんなシーンを演じられる女優に成長してもらいたい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ