芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(7)秋野暢子を“勝ち組”に導いた本気のカラミ

 歴代ヒロインの登場が話題となったNHK朝ドラ「なつぞら」だが、残念ながら出演が叶わなかった女優の中では、75年に「おはようさん」のヒロインを務め今は歯切れのいいコメンテーターとしても活躍している秋野暢子も、忘れてはならない存在だ。

「『おはようさん』は大阪のOLの日常を描いた作品で、1本15分をカメラを止めずに撮影されたという伝説の作品。デビューしたばかりの秋野は、その現場で女優として大いに鍛えられたと言われています」(ドラマ関係者)

「なつぞら」の舞台は北海道と東京。大阪出身で、今も大阪を感じさせる秋野にお声がかからないのは、仕方がなかったのかもしれない。

 そんな秋野が大胆すぎる艶技を見せたのは、86年の映画「片翼だけの天使」。大人のサービスを行う特殊浴場で働く韓国生まれで気立てのいい女性を演じ、そのスレンダーボディを惜しげもなく披露したのだ。

「バストは推定Cカップ。二谷英明のねちっこい責めにあい、その先端を痛々しいほどに尖らせてしまう本気のカラミを何度も見せてくれましたね。この時に美身を見せるために挑んだダイエットやボディメイクで培ったノウハウを生かし、その後、美容や健康系の仕事を増やしていきました」(芸能記者)

 ヒロインを務め、一時は国民的人気を集めながら、その後、消えていった女優も多い。しかし秋野は、みずから独自の価値を創出しみごとに芸能界を生き抜いてきた、珍しい形の“勝ち組”の一人なのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場