スポーツ

二刀流は先送り!大谷翔平、左ひざ緊急手術前に上がっていた「引っ込め」指摘

 ペナントレース終了を待たずに、大谷翔平が戦線を離脱し、左ひざに「緊急メス」を入れることになった。しかし、今回の離脱を予見するように、地元紙では「大谷、引っ込め!」とスタメンから外すよう、訴える報道も続けていたのだ。

「手術は無事に済み、全治まで2、3カ月を要すると発表されましたが、2週間程度でキャッチボール程度の練習なら再開できるそうです」(特派記者)

 懸念されるのは、「二刀流」の復活時期。2020年シーズンからの投手復活を目指し、ピッチングの練習メニューを少しずつ増やしてきた。そんな状況を見かねてのことだろう。地元各紙は16打席ぶりに安打が出るなど打撃不振に陥っていた9月上旬、「チームはポストシーズンマッチに進む可能性がなくなったのだから、無理に出場させるべきではない」と、エンゼルス首脳陣を批判していた。また、「オレンジカウンティレジスター」紙では「昨年より打球の角度が低くなっている」と、具体例を挙げて、大谷のスタメンに疑問を呈してきた。

「言うまでもなく、今季は打者1本で戦ってきました。9月というと、ピッチング練習の量も増えてきたころでした。でも、その打撃成績が落ち込んできたので、打者としての練習時間も増やさなければならず、大谷は試合前から大忙しでした」(前出・特派記者)

 また、同紙は「ケガのリスクを減らしたほうがいい」とも報じていたが、まさにその通りになってしまったわけだ。

 大谷がメスを入れた左ひざだが、エンゼルスの発表によれば、「分裂膝蓋骨」。ひざの皿が2つに割れた状態を指すが、先天性とのことだ。しかし、大谷は「ジャンプをすると、痛い」「(走っていて)左足が前になるときに痛みが…」と話していたそうだ。

「球宴から痛みを訴えていた」(前出・特派記者)

 一連の打撃不振は左ひざの影響もありそうだ。エンゼルスが大谷の出場にこだわった理由は、野手の頭数が足らないこと。大谷自身が「出たい!」と言って聞かなかったせいもある。

 地元紙が報じた調整優先の批判記事に従っていたら、二刀流復活のスケジュールにも影響が出ることはなかっただろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声