スポーツ

二刀流は先送り!大谷翔平、左ひざ緊急手術前に上がっていた「引っ込め」指摘

 ペナントレース終了を待たずに、大谷翔平が戦線を離脱し、左ひざに「緊急メス」を入れることになった。しかし、今回の離脱を予見するように、地元紙では「大谷、引っ込め!」とスタメンから外すよう、訴える報道も続けていたのだ。

「手術は無事に済み、全治まで2、3カ月を要すると発表されましたが、2週間程度でキャッチボール程度の練習なら再開できるそうです」(特派記者)

 懸念されるのは、「二刀流」の復活時期。2020年シーズンからの投手復活を目指し、ピッチングの練習メニューを少しずつ増やしてきた。そんな状況を見かねてのことだろう。地元各紙は16打席ぶりに安打が出るなど打撃不振に陥っていた9月上旬、「チームはポストシーズンマッチに進む可能性がなくなったのだから、無理に出場させるべきではない」と、エンゼルス首脳陣を批判していた。また、「オレンジカウンティレジスター」紙では「昨年より打球の角度が低くなっている」と、具体例を挙げて、大谷のスタメンに疑問を呈してきた。

「言うまでもなく、今季は打者1本で戦ってきました。9月というと、ピッチング練習の量も増えてきたころでした。でも、その打撃成績が落ち込んできたので、打者としての練習時間も増やさなければならず、大谷は試合前から大忙しでした」(前出・特派記者)

 また、同紙は「ケガのリスクを減らしたほうがいい」とも報じていたが、まさにその通りになってしまったわけだ。

 大谷がメスを入れた左ひざだが、エンゼルスの発表によれば、「分裂膝蓋骨」。ひざの皿が2つに割れた状態を指すが、先天性とのことだ。しかし、大谷は「ジャンプをすると、痛い」「(走っていて)左足が前になるときに痛みが…」と話していたそうだ。

「球宴から痛みを訴えていた」(前出・特派記者)

 一連の打撃不振は左ひざの影響もありそうだ。エンゼルスが大谷の出場にこだわった理由は、野手の頭数が足らないこと。大谷自身が「出たい!」と言って聞かなかったせいもある。

 地元紙が報じた調整優先の批判記事に従っていたら、二刀流復活のスケジュールにも影響が出ることはなかっただろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?