芸能

「ノーサイド・ゲーム」の“浜畑さん”は赤井英和に取って代わるのか?

「もう…負けるのはイヤや」

 初回から振り絞るようなセリフを見せた。それは、9月15日に13.8%の高視聴率で最終回を迎えた「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)で、ひときわ鮮烈な印象を残したチーム1のベテランで、精神的な支柱である浜畑譲を演じた廣瀬俊朗だった。

「本物のラガーマンを固めたキャスティングでも、浜畑役の廣瀬は別格。元ラグビー日本代表で、12年にはキャプテンにも選出されています。ちなみに、最終回にゲスト出演した『嵐』の櫻井翔とは、慶應大学時代から友人の間柄です」(スポーツ紙放送担当記者)

 お世辞にもイケメンとは言い難い顔立ちだが、数々の試合で修羅場を乗り切った迫力は、回を追うごとにネット上をにぎわせた。

〈演技経験ゼロとかマジなん?〉

〈浜畑さんの演技力がバケモノ〉

 ドラマでは、年齢と闘いながら万年最下位に沈むチームを常勝軍団に変えるキーパーソンとなる。実際、日本代表時代の廣瀬は、試合に出場する機会が激減しても応援VTRを作成してメンバーを鼓舞するなど、ドラマ以上に「縁の下の力持ち」を果たした。

「廣瀬が起用されたのは、『半沢直樹』(13年)以降、池井戸潤原作ドラマの演出を務める福澤克雄氏が慶應大学ラグビー部の先輩だったことから説得されました」(前出・放送担当記者)

 現在、廣瀬は「俳優転向」は明確に宣言せず、日本で初開催のラグビーW杯の解説に追われている。9月に上梓した「ラグビー知的観戦のすすめ」(角川新書)は、発売直後に増刷がかかるほど注目されている。それでも、とベテランの演出家は言う。

「東映のヤクザ映画が全盛の時代なら真っ先にスカウトしたいほど、全身に迫力をみなぎらせている。アスリート出身の俳優としては、赤井英和に衰えが見えているだけに、各局とも囲っておきたい逸材ではないでしょうか」

 W杯でさらに知名度が上がれば、争奪戦はさらに過熱しそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!