芸能

平手友梨奈が「秘所責め悶絶」で極める女優道(1)プロ顔負けの股抜きショット

 女子高生作家に扮した主演映画で新人賞を獲得し、東大受験生を演じた「ドラゴン桜」(TBS系)が高視聴率をマーク。アイドル時代に数々の伝説を残し、女優に本格転身してからは徹底した役作りで演技に打ち込む平手友梨奈。弱冠20歳の令和のカリスマが女優道を極めるべく、美脚も露わに挑んだ性的暴行シーンも含め3回にわたって迫る。

「ドラマではバドミントンでオリンピックを目指す高校生という役柄で、撮影に入る前に猛練習を積んでいました。そのうち『もっと上達したい』と競技にのめり込み、本番では股の間にシャトルを呼び込んで打つ股抜きショットや、バックハンドスマッシュなどプロ顔負けの美技を披露。まさに憑依型女優の本領発揮でしたね」

 ドラマ関係者はこう言って、6月27日に最終回となった「ドラゴン桜」の平手の演技を絶賛する。同ドラマで平手はバドミントン選手として挫折しながらも東大進学に夢を託す女子高生・岩崎楓役を熱演。体を張った演技が称賛を集めた。

「膝の故障が影響して、校内の階段で転がり落ちるという“階段落ち”のシーンがあり、そこでもいかにリアルにつまずくかを追求。本人は演技をしていた感覚がなかったようで、危うく顔から落ちそうになったとか」(前出・ドラマ関係者)

 今回の「ドラゴン桜」は「半沢直樹」シリーズ(TBS系)を手掛けた福澤克雄氏が演出に携わっていることもあって、芸能評論家の佐々木博之氏もこう言って期待を寄せる。

「ドラマのキャリアは乏しいものの、出世コースに乗っていると断言できます。シュッとした爬虫類系の顔立ちとボーイッシュなキャラクターから、かつての江角マキコや水原希子のように、女性からも支持される人気女優になるのは間違いない」

 同ドラマの第8話では、楓(平手)が駿河太郎演じる父親と、東大受験を巡って激しく対立。同級生が見守る前でビンタを食らうシーンが話題となって、14.6%の高視聴率をマークした。

「ドラマの中心となる東大専科の生徒7人の中でも、出演シーンやセリフの多さは群を抜いていて、扱いは別格。次の出演作では間違いなく主役級での抜擢となるでしょう」(佐々木氏)

 合格点の上をいく満点の出来栄えと言えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合