芸能

人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…

 さらに、女子アナ界でもトップランクのコスチュームプレイ好きで知られるのが、「めざましどようび」(フジテレビ系)に出演中の岡副麻希(27)だろう。

「ガングロの岡副は健康美が売りで、ふだんの服装も肌見せ度が高め。しかも今年の春からは筋トレやストレッチにも力を入れているみたいで、アクロバチックな格好や大股開きなどをたびたび公開していて、ファンをドキドキさせています」(女子アナウオッチャー)

 さらに今年の夏は、自身のチャンネルをネット上に公開し、制服姿で甲子園を応援するなど、ますますコスプレ化に拍車がかかっているのだ。女子アナウオッチャーが続ける。

「しかも最近では露出魔ぶりも明らかに。彼女はよく番組衣装をファン向けに公開しているんですが、7月には白のワンピースのバックショットを披露。背中がパックリ開いていて、白のブラ紐がしっかりと見えているんです。他にもサーフィンの練習シーンでは水着のようなウエットスーツ姿で、また別の日の白のブラウスのバックショットではピンクブラを見せるなどして、コメント欄に『痴女じゃん』とツッコミがあるくらい、そのセクシー度には定評があります」

 ロコガールとしての活動にも注目が集まる岡副だが、ここにきてテレビ東京の新人・田中瞳アナ(23)が牙城を脅かす存在として注目を集めている。テレ東関係者によれば、

「もともと田中アナは学生時代に、岡副と同じくセント・フォースに所属し、女子大生キャスターとして活躍。男性誌のグラビアに肩紐ワンピース姿で登場し、胸の谷間を披露したことがある目立ちたがり屋。なので、現在出演している『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレ東系)でも衣装の露出度が高めで、胸の谷間を毎回拝めるばかりか、8月18日の放送回では、エビ反りストレッチまで披露。スレンダーで小ぶりなバストぶりも一目瞭然となりました」

 テレ東の躍進ぶりは新人だけに限らない。

「現在の女子アナ巨乳ナンバーワン鷲見玲奈アナ(29)は、レギュラーを務める『よじごじdays』でグラビアアイドルとウォータースライダーをレポート。ところが、ビキニ姿のグラドルを差し置いて、鷲見アナのノースリーブのニット越しのバストのボリュームのほうが圧倒。大きなエアスライダーに乗って滑り台を降下する際に胸の谷間がのぞくシーンに、こちらの目は釘づけ。完全にビキニが本業の美女よりも、セクシー度は鷲見アナに軍配が上がっていました」

 昨年は女子アナの定期採用がなかったテレ東だが、「ナニコレ」アナの存在感はいやおうなく増しているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱