芸能

人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…

 さらに、女子アナ界でもトップランクのコスチュームプレイ好きで知られるのが、「めざましどようび」(フジテレビ系)に出演中の岡副麻希(27)だろう。

「ガングロの岡副は健康美が売りで、ふだんの服装も肌見せ度が高め。しかも今年の春からは筋トレやストレッチにも力を入れているみたいで、アクロバチックな格好や大股開きなどをたびたび公開していて、ファンをドキドキさせています」(女子アナウオッチャー)

 さらに今年の夏は、自身のチャンネルをネット上に公開し、制服姿で甲子園を応援するなど、ますますコスプレ化に拍車がかかっているのだ。女子アナウオッチャーが続ける。

「しかも最近では露出魔ぶりも明らかに。彼女はよく番組衣装をファン向けに公開しているんですが、7月には白のワンピースのバックショットを披露。背中がパックリ開いていて、白のブラ紐がしっかりと見えているんです。他にもサーフィンの練習シーンでは水着のようなウエットスーツ姿で、また別の日の白のブラウスのバックショットではピンクブラを見せるなどして、コメント欄に『痴女じゃん』とツッコミがあるくらい、そのセクシー度には定評があります」

 ロコガールとしての活動にも注目が集まる岡副だが、ここにきてテレビ東京の新人・田中瞳アナ(23)が牙城を脅かす存在として注目を集めている。テレ東関係者によれば、

「もともと田中アナは学生時代に、岡副と同じくセント・フォースに所属し、女子大生キャスターとして活躍。男性誌のグラビアに肩紐ワンピース姿で登場し、胸の谷間を披露したことがある目立ちたがり屋。なので、現在出演している『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレ東系)でも衣装の露出度が高めで、胸の谷間を毎回拝めるばかりか、8月18日の放送回では、エビ反りストレッチまで披露。スレンダーで小ぶりなバストぶりも一目瞭然となりました」

 テレ東の躍進ぶりは新人だけに限らない。

「現在の女子アナ巨乳ナンバーワン鷲見玲奈アナ(29)は、レギュラーを務める『よじごじdays』でグラビアアイドルとウォータースライダーをレポート。ところが、ビキニ姿のグラドルを差し置いて、鷲見アナのノースリーブのニット越しのバストのボリュームのほうが圧倒。大きなエアスライダーに乗って滑り台を降下する際に胸の谷間がのぞくシーンに、こちらの目は釘づけ。完全にビキニが本業の美女よりも、セクシー度は鷲見アナに軍配が上がっていました」

 昨年は女子アナの定期採用がなかったテレ東だが、「ナニコレ」アナの存在感はいやおうなく増しているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”