芸能

懸命に火消しも鎮火せず!キンプリファンが大激怒した大物脚本家の“つぶやき”

 ジャニーズファンの“恐ろしさ”とはこのことか。

 9月24日、「あすなろ白書」や「ロングバケーション」(いずれもフジテレビ系)など、国民的ヒットドラマで知られる脚本家・北川悦吏子氏のツイッターが大炎上した。怒らせた相手が、ジャニーズファン、しかも圧倒的に熱烈信者の多いKing & Princeファンだったのだ。

「まず、大事な点ですが、北川さんは実名は出していませんでした。きっかけは24日のツイート。ある俳優の演技に《声の高さが微妙。落ち着かない。その役者さんを見ての私の感想》と投稿した北川さんは、さらに《声の高さ、大事。あえて、そこに宛書きってのもあるのかもしれないけれど》とダメを押しました。この相手の実名を出さない投稿を北川さんがしたのと同時刻にキンプリの永瀬廉さん主演のドラマ『FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました』(フジ系)が放送されていたんです。結果、ファンはこのディスり対象が永瀬さんに間違いないと思ってしまったんです。永瀬さんといえば、ファンの間でも地声が高いことで有名。声だけ聞いて彼だとわかるほど特徴がありますから、北川さんが同時刻にツイートしたら“永瀬くんしかいない”となってしまったんですね。もう大炎上です」(女性誌ライター)

 ファンの声は「超気分悪い!」「どう思うかは自由だと思います。わざわざツイートする必要ある?」「あえて名前を伏せて特定できるように書くなんて性格ワルっ!」などと大ブーイング。中には「脚本家として何か言いたいなら、むしろ名前を出してダメ出しして、永瀬くんが成長するようにアドバイスしてほしい」という、北川氏の今後を慮ったような意見まであった。

 そして、北川氏は当初、何のコメントもないままこのツイートを削除。これが、さらにキンプリファンに疑惑は事実だと確信させ、カンに触ったようだ。「削除するなら偉そうにツイートしないで」と、ファンからは総口撃されてしまうにいたったのだ。

 こうした騒動を報じたメディアもあったため、ついに、26日になって北川氏は、ツイートで〈これ、永瀬廉さんのことではないです。なぜ、勝手に永瀬さんのことにして記事にするのですか?名前、私書いてないですよ。おかしいでしょ。驚くほどいいかげん。素材を見てくれと言われて見た、ミュージカルの役者さんについての感想です〉などと猛抗議。さらにツイートを削除したことについても、〈ツイートを削除したのはなぜだか、彼のことでは?と邪推する人が多かったので。違うので消しました。私はキンプリでオレンジデイズ  みたいの書きたいと思っていました(まだ私が思ってるだけだけど)。こういう記事とかリプライ観ると、本当に萎えます。少しはちゃんと仕事してください。記事かく人〉と、メディアに対しても怒りをぶつけていた。

 しかし、それでも北川氏の削除したツイートには、前述のものとは別に、やはり永瀬のことをディスったことを裏付けるものもあった、などと一部ネットメディアは指摘している。大物脚本家と超人気アイドルの一部ファンとの確執はしばらく続きそうだ。

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に