芸能

もう笑えない!松居一代、ノー肌着強調に“性機能不全になりそう”の声まで

 さすがにこれを好むファンは見つからない!?

 元夫の船越英一郎との離婚バトルで世間を騒がせたタレントの松居一代がまたもや、やらかしている。松居は去る9月30日にブログを更新。そのブログの内容が物議を醸しているのだが、そのタイトルは、下半身用のアンダーウエアを指して、それが、〈なーーいよ〉というものだった。

 この日、松居は愛弟子の会社にお菓子の差し入れを持っていたそうだが、あまりにも急いでいたため、アンダーウエアを履くのを忘れてしまったのだとか。

 そのため、松居は〈ただいま松居は〉としたうえで、肌着をつけていないと綴り、さらに、〈トイレに行って気がつきました〉〈参りました!!〉などと、かなり慌てた様子だ。

 ここまでならばまだいいのだが、さらに松居はノー肌着であることを証明するために、ズボンのゴムを手で横に引っ張り、ズボンと体の間に隙間を作り、下半身の一部を見せ付ける写真もアップ。

 ノー肌着である事がわかり、大事な部分は見えない絶妙な写真ではあるが、お察しの通り、ネット上で上がってくるのは歓喜の声ではなく、悲鳴ばかり。「美女がこういう写真上げてるならわかるけどさ、勘弁してくれよ」「うわぁ~EDになりそう」「これなら仮に船越が不貞愛に走ってても、納得だわ」などといった書き込みが殺到しており、まったくといっていいほど需要はなさそう。

「スカートの中が見えていても、中が暗くて肝心な部分は見えないというアイドルやタレントのアクシデント寸前ショットは様々な場面で見られますが、そういった時には明るさ調整をしてでもじっくり見たいという人が一定数います。しかし、今回の松居の写真を紹介するまとめサイトでは、さすがに画像を明るくしようと試みる猛者はおらず、それどころか、モザイク処理が施される始末。また、写真撮影を担当したのは愛弟子とのことですが、愛弟子もよく引き受けたものですね」(エンタメ誌ライター)

 ただただ、船越が解放されて良かったと思えてしまう!?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上