スポーツ

楽天ほか候補は3球団!古田敦也、監督大抜擢が囁かれる「有力根拠」とは?

 東北楽天ゴールデンイーグルスの次期監督の本命に、「球界の知性派」が急浮上してきた。

 元東京ヤクルトのプレーイングマネージャー・古田敦也氏がアヤシイという。有名無名問わず全国のアスリートに密着する「スポーツX」(BS朝日)なるBS番組があった。マイナースポーツにもスポットを当て、多くのファンを獲得していたが、9月27日放送回で突如、終了。東京五輪が目前に迫っているのに、だ。7年ほど前の番組スタートからメインキャスターが古田氏であり、「球界復帰のための身辺整理ではないか?」とも囁かれている。

「楽天のゼネラルマネージャーは石井一久氏です。石井は新人時代から捕手・古田にボールを受けてもらい、今も信頼を寄せているのは言うまでもありません。交流ももちろん続いています」(ベテラン記者)

 古巣・ヤクルトは、すでに高津新体制を発表。高津臣吾新監督も古田氏に厚い信頼を寄せていた。しかし、フロントには兼任監督時代に衝突したスタッフもまだ残っていて、古田氏に抵抗感を持っているという。

 こうした状況を考えると、古田氏の球界復帰先は石井GMのいる楽天と見るのが自然な気もするが、こんな声も聞かれた。

「古田氏は知性派で、IT関係者や起業家からも一目置かれています。その視点で考えると、ソフトバンクの工藤公康監督は福岡移転30周年の今年を優勝で飾れず、終盤戦で埼玉西武にひっくり返されてしまいました。今年で3年契約が終了するので、この先、工藤監督の去就問題もクローズアップされるはずです」(前出・ベテラン記者)

 昨年オフ、1年の契約延長となったラミレス監督の今後についてもまだ発表がないDeNAも「5年以内に優勝」という目標を立てて球界に参入したものの(2011年オフ)、今季の2位が最高成績。次期監督の本命・三浦大輔コーチもいるが、「外部招聘の指揮官でチームを強化してから」と考えても決しておかしくはない。

「球界はクライマックスシリーズの真っ最中。全球団とも、全日程が終了するまで内部人事の発表は控えるのがエチケット」(球界関係者)

 CSファイナルステージが最長6試合まで行われた場合、10月15日以降でなければ、新監督は発表できない。17日、ドラフト会議に古田氏が現れるなんてサプライズも見られるかもしれないのだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!