芸能

「不貞騒動もノーダメージ」2大芸人の絶妙“炎上回避術”とは?

 今では不貞した有名人は、女の敵として扱われるのが世の常。不貞男のレッテルを貼られ、失地回復に時間がかかる。ところが、芸人の中には、ノーダメージでそれをやりすごした強者がいる。ダウンタウンの“ドSのほう”浜田雅功だ。

「浜ちゃんは14年、番組共演で親しくなったグラビアアイドルの吉川麻衣子と、その後およそ3年にわたって不貞関係にあったことを報じられました。お相手は、29歳のFカップボディ。写真週刊誌のスクープによって明るみに出たあと、2人は別れました。浜ちゃんの妻でタレントの小川菜摘はブログで、『意気消沈ゴリラになっています』とユーモアたっぷりに綴り、好感度を上げました」(週刊誌記者)

 相手の女性は売名行為と非難され、結局、芸能界を引退した。だが、浜田は番組でイジられただけで、ダメージはゼロだった。

 同じく無傷だったのは、千原兄弟の“残念な兄”千原せいじ。こちらは、ノーガードにしてノーダメージだった。

「今年5月、20代の派手系女性と名古屋市内のホテルで密会しているところを『週刊文春』に撮られてしまいました。直撃した記者に包み隠すことなく答え、一緒に新幹線に乗り込んで、静岡まで移動。記者に『カレーライスばっかりじゃなくて、たまにはハヤシライスやハッシュドビーフも食べたなる』と語ったことから、“ハヤシライス不貞”というキャッチコピーが付けられました」(前出・週刊誌記者)

 不貞騒動すら笑いに変え、ノーダメージで乗り切ってしまうお笑い芸人。俳優や政治家はさぞうらやましいに違いない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!