芸能

すべてを出し始めた氷川きよしの進化力/芸能スポーツ「女子力男子」の道(1)

 もはやすべてをさらけ出したも同然──そう囁かれているのは、演歌のプリンス・氷川きよし、その人だ。

「かねてより、その“女子力”の高さは評判でしたが、最近はその美しさにさらに磨きがかかっていますよ。最近の彼のパフォーマンスを見ていると、もはや隠す気もなさそうですね」(ワイドショー関係者)

 “進化”は、今年の春からだろう。

「アニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌『限界突破×サバイバー』を、ヴィジュアル系バンドのようなド派手なメイクで熱唱する動画が話題となり、これが前向きに世間に受け入れられたことで、彼の中で何かがハジけたようです」(女性誌記者)

 世間を「えっ!」と驚かせたのは、8月にヤクルト対阪神戦の始球式。

「マウンドに登場した氷川のスタイルは、上半身はヤクルトのユニホーム、下半身はレディースライクなショーパン。ムダ毛処理が完璧にほどこされたツルツルのおみ足を見せつけ、その投球は思いっきりの“女の子投げ”でしたよ」(夕刊紙記者)

 その後のテレビ番組では、自分のことを「あたし」と呼ぶほか、そのしぐさも言葉もどんどん柔らかくなってきている。

「7月に行われた20周年記念ライブのアンコールでは、なんとウェディングドレスを思わせる衣装に身を包み、ゴンドラに乗って登場してファンを驚かせましたね」(前出・女性誌記者)

 そして最近のインタビューでは、“自分らしく、美しく”、“本当の自分はもうちょっと艶っぽい系”という意味の匂わせ発言を連発しているのだ。

「しかし氷川の場合、たとえどんな一面を見せたとしても、歌声に魅せられ、その人柄を愛する人々の評価が今さら変わることはないし、むしろ生き生きと活躍することを喜ぶファンの方が圧倒的なのでは」(芸能記者)

 現在の芸能界・スポーツ界には、この氷川と同じように、何かと「女子力の強さ」を指摘される者がチラホラ。

「氷川クラスの芸能人がぶっちゃけたのであれば、“私も私も”と、雪崩式に続いていく可能性もあるのでは」(前出・女性誌記者)

 そんな気になる彼らの“現在地”を本サイトで集中して見ていきたい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!