芸能

スパッツ姿で「見て~」!尾野真千子、船越英一郎を生番組でオトしちゃった!?

 10月1日放送の「ごごナマ」(NHK)にゲスト出演した尾野真千子。10月6日スタートのドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」(NHK BSプレミアム)では主役の“希代の悪女・お国”を演じる。

「怪談牡丹燈籠」といえば、美しい娘・お露の幽霊が夜ごと愛しい男・新三郎のもとを訪ねる物語だと思っている人が多いことだろう。しかし、お露と新三郎のくだりは初代三遊亭圓朝による同名長編落語のわずかな部分で、今作は幽霊よりも恐ろしいのは生きている人間だと実感させてくれる内容になっている。

 尾野はこのドラマの記者会見で「この時代にない物が見えたらイヤ」と語った後で、胸用のアンダーウエアを「つけないで頑張りました」と、撮影秘話を明かして報道陣をどよめかせていたが、もっと驚きのエピソードが「ごごナマ」で明らかとなった。

 尾野は所属事務所に釣り好きな人がいることから自分も釣り好きになり、釣り専門のユーチューバー「釣りよかでしょう。」のメンバーと共演したこともあるといい、その「釣りよか。」のメンバーがVTR出演。尾野に対し「職業柄なのかもしれないけれど」と前置きすると「人前で着替えることが多い」とガチで注意したのだ。さらに「バッと脱ぎ始めるから『うわっ、ちょっと待って』ってなった」「スパッツぐらいまでなら余裕で脱ぎ出す。スパッツ姿で『見て見て~』とか言い出す。あれはやめたほうがいい」などと続いたのだが、それを見ていた尾野は「(アンダーウエアは)着てるから見えてないし」と笑い飛ばしたのだ。

「番組MCの船越英一郎は、番組冒頭から尾野に対して役者としてファンであると明かしていましたが、素顔の尾野に触れ『強さも弱さももろさも包容力も全部持っている』と、メロメロになっている様子でした」(テレビ誌ライター)

 自分の性格を「自由奔放」と表現した尾野。船越は「近寄るには覚悟がいるね。めちゃくちゃにされてもいい、というね」と何やら意味深なコメントを残していた。

 そういえば船越の元妻も、実に自由奔放だったような…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合