芸能

スパッツ姿で「見て~」!尾野真千子、船越英一郎を生番組でオトしちゃった!?

 10月1日放送の「ごごナマ」(NHK)にゲスト出演した尾野真千子。10月6日スタートのドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」(NHK BSプレミアム)では主役の“希代の悪女・お国”を演じる。

「怪談牡丹燈籠」といえば、美しい娘・お露の幽霊が夜ごと愛しい男・新三郎のもとを訪ねる物語だと思っている人が多いことだろう。しかし、お露と新三郎のくだりは初代三遊亭圓朝による同名長編落語のわずかな部分で、今作は幽霊よりも恐ろしいのは生きている人間だと実感させてくれる内容になっている。

 尾野はこのドラマの記者会見で「この時代にない物が見えたらイヤ」と語った後で、胸用のアンダーウエアを「つけないで頑張りました」と、撮影秘話を明かして報道陣をどよめかせていたが、もっと驚きのエピソードが「ごごナマ」で明らかとなった。

 尾野は所属事務所に釣り好きな人がいることから自分も釣り好きになり、釣り専門のユーチューバー「釣りよかでしょう。」のメンバーと共演したこともあるといい、その「釣りよか。」のメンバーがVTR出演。尾野に対し「職業柄なのかもしれないけれど」と前置きすると「人前で着替えることが多い」とガチで注意したのだ。さらに「バッと脱ぎ始めるから『うわっ、ちょっと待って』ってなった」「スパッツぐらいまでなら余裕で脱ぎ出す。スパッツ姿で『見て見て~』とか言い出す。あれはやめたほうがいい」などと続いたのだが、それを見ていた尾野は「(アンダーウエアは)着てるから見えてないし」と笑い飛ばしたのだ。

「番組MCの船越英一郎は、番組冒頭から尾野に対して役者としてファンであると明かしていましたが、素顔の尾野に触れ『強さも弱さももろさも包容力も全部持っている』と、メロメロになっている様子でした」(テレビ誌ライター)

 自分の性格を「自由奔放」と表現した尾野。船越は「近寄るには覚悟がいるね。めちゃくちゃにされてもいい、というね」と何やら意味深なコメントを残していた。

 そういえば船越の元妻も、実に自由奔放だったような…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!