芸能

芸人総ツッコミの小林豊のキャラ変/芸能スポーツ「女子力男子」の道(3)

 9月1日からスタートした「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)の評判がいい。

「人工知能(AI)がテーマながら、ベースとなるライダーのモチーフは、1号ライダーと同じバッタで、原点回帰しています。豪快なライダーキックも登場し、ライダーファンを大いに喜ばせているんです」(テレビ雑誌記者)

 また、ヒロイン役の鶴嶋乃愛のかわいらしさも、早くも歴代ヒロイン史上屈指と高評価を得ており、主人公・飛電或人を演じる高橋文哉とともにブレイク必至だ。

 そんな仮面ライダーの歴史の中にも、女子力が高すぎるとされるイケメンがいる。2013年の「仮面ライダー鎧武」で主人公のライバルライダー、仮面ライダーバロン・駆紋戒斗を演じた、小林豊のことである。

「鎧武が終了してバラエティー番組に進出するようになり、そのキャピついたキャラクターが明らかになり、クールなバロンを知る者は唖然、茫然。当初は爪痕を残そうとした過剰な演出にも見えましたが、自らを“ゆーちゃむ”と呼び、得意のスイーツの腕前を披露して『たっぷり~ん』と黄色い声を発する様子は、その後も一切のブレがない。むしろ、もっと自分を出そうとエスカレートしているようにも見えます」(夕刊紙記者)

 17年に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の「独身芸能人の自宅をチェック! 女子が泊まりたくなる部屋SP」でも、女子力高めの自室を公開。ロンブー淳に、「オネエの部屋みたい」と突っ込まれるなど、疑惑は強まるばかり。

「『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)出演時には、松本人志に“完全にコレやもんね”と言われ、『金曜日の聞きたい女たち』(フジテレビ系)でもおぎやはぎに“今、カミングアウトしてもいいよ”といじられていましたが、強く否定もしませんからね」(前出・夕刊紙記者)

 キャラ的に、「有吉反省会」(日テレ系)か「アウトデラックス」(フジ系)あたりでのぶっちゃけ、あると思います。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”
5
倉科カナがまた“Fバスト半見せ”!大胆化で囁かれる“フル出し”過激シーン挑戦