芸能

共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?

 10月11日の「東スポWeb」が、木下優樹菜と実姉が勤務していたタピオカドリンク店とのトラブルについて報じた。木下はタピオカ店関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージを送っていたという。

「木下は6日、姉のYがタピオカ店から給料をもらえておらず、窃盗の犯人のような扱いをされたとインスタで告発。しかし、東スポがタピオカ店関係者を取材したところ、給料は振り込んでおり、窃盗に関しても店から物がなくなったことで、警察の指導で合鍵を持っているYに確認しただけと説明しました。にもかかわらず、木下から《出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》《覚悟決めて認めなちゃい。おばたん》といった一方的な恫喝メールが届き、営業妨害もされたため、法的処置を考えていると明かしました」(芸能記者)

 この問題はネット上を大きく騒がせており、「口が悪すぎる」「もう子供の好きな『モニタリング』(TBS系)とかにも絶対出ないでください」と非難が殺到している。

 そんな木下は過去、テレビ番組の収録中にもキレる場面が何度もあったという。

「16年放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、芸人がイヤホンでグラドルの言動を操るというドッキリ企画でのこと。その際、ドッキリだと知らない木下は、グラドルに対し『必死なのはわかるんですけど、もうちょっと空気っていうものを読んだほうがいいかな』と、凄む場面が話題に。また、13年放送のバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)では、クイズ回答者のはいだしょうこに対し、『書くの遅いっすけど』と感情を露わにし、泣かせてしまったこともあります。さらに、街で夫のFUJIWARA・藤本敏史に絡んできた一般人には『お前こそ誰だよ! 誰に向かって言ってんだよ!』『次やったらマジで許さねぇからな!』と、大声で激怒したエピソードなどもテレビで明かしており、彼女がキレるのは日常茶飯事だったのでしょう」(テレビ誌記者)

 木下は10月9日に、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と、インスタでタピオカ店側に謝罪した。が、これにも、自身の「恫喝メール」をタピオカ店の関係者がツイッターで公開し木下に批判が集まったため、あわてて謝罪したのではないかという声も少なくない。木下は元ヤンキーだったこともあり、一度頭に血が上ったら誰にも手がつけられない状況になるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?