芸能

ベッキー、「新ドラマで演じる役柄」に視聴者が“拒否反応”示したワケ

“大人に向けた本格派ドラマ”をコンセプトに、フジテレビが毎週土曜日夜11時40分から放送している「オトナの土ドラ」シリーズ。12月7日からは要潤主演「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」が放送されると発表された。

 同作は、人気作家・中山七里の「御子柴礼司シリーズ」が原作の推理もの。裁判に勝訴するためなら、どんなに悪辣な手段も講じる御子柴弁護士を要が演じる。そして、御子柴の事務所の事務員・日下部洋子にはベッキーがキャスティングされた。

 この報道に、ネット上では「要潤は仮面ライダーの時代から好きだが、ベッキーが出るなら見ない」「ベッキーが出演ってイライラする」「芸能界には素敵な女優さんがたくさんいるのに、よりによってどうしてベッキーを使うのかな」「原作がとても素晴らしいので、残念の一言です。不貞の後のイメージが焼き付いていてドラマに入り込めないと思います。役柄も原作のイメージとかけ離れています」など“ベッキー不要”の大合唱だ。

「ベッキーは7月26日から9月27日まで放送されていた多部未華子主演『これは経費で落ちません!』(NHK)に出演していました。この時も拒否反応はありましたが、横柄な態度の秘書という嫌われキャラだったので、大きな批判にはなりませんでした。けれども、日下部は常に一生懸命でまっすぐで思いやりのあるという人物像です。しかも主要キャストなので、拒否反応は強いと思います」(テレビ誌ライター)

 ベッキー本人は、弁護士役かと思ったら事務員だったとガッカリしたそうだが、原作ファンはオファーを断ってほしかったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々