芸能

西内まりや、flumpool山村隆太とのペア写真に添えたコメントにツッコミの嵐

 本人と世間の受け取り方は正反対のようだ。

 西内まりやが10月5日にインスタグラムを更新。17年に放送された自身が主演を務めた月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)で、恋人役で共演したflumpoolの山村隆太とのペアショット写真を公開している。flumpoolは3、4日と全国ホールツアーの追加公演をNHKホールで行っており、西内はそちらに足を運んでいたようで〈@flumpoolofficial の山村隆太氏 活動休止からの復活LIVE。魂を感じたLIVE。嬉しかった。心からおめでとう。〉とコメントし、山村との2人で写ったショットを公開。

 山村は歌唱時機能性発声障害のため活動休止し、今年1月に活動を再開していたこともあって、ハッシュタグでは〈#お互い〉〈#ボロボロになって〉〈#お互い〉〈#再スタート〉〈#ほっとけない〉〈#わけよ〉と、自身もいろいろあったこともあり、強い仲間意識を持っているようだ。

 さらに西内は〈#思い出すだけで色んな意味の涙が出る〉〈#1番苦しい時共に乗り越えた人〉と、山村とのドラマ共演を振り返っている。

 しかし、このハッシュタグの内容に世間からは「大した実績が無かったのに月9の主役になった時が1番苦しい時なんて恵まれてきたんだね」「いやいや、事務所のお膳立てがあって、マルチに活躍できてたと思うんだけどな」「う~ん、勘違いしすぎだと思う」など、当時を“一番苦しい時”と表現したことへのツッコミが浴びせられている。

「『突然ですが──』は全話を通しての平均視聴率が6.7%と、当時までの月9視聴率のワースト記録を更新しています。低視聴率を更新していく中での撮影が大変だったのかもしれませんが、本来月9で主演を務めることは光栄なことですから、どうもその表現には納得できない人が多かったようですね。事務所にゴリ押しされていたイメージが強い西内とあって、作品のせいでもなく、事務所のせいでもなく、すべては自身の実力不足と指摘したいのでしょう。また、山村のファンからも『おたがいボロボロって…あなたと隆太くんを一緒にしないでよ』『山村さん結婚してるよね? 共に乗り越えた~とか言わない方がいいよ』などと、容赦なく叩かれる始末です」(エンタメ誌ライター)

 西内は山村に仲間意識を持っているようだが、山村は完全復活を果たしているだけに、山村のことを心配するよりも自身の心配をした方がいいのでは?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」