芸能

佐藤仁美、「現場から勝手に帰るって何様だ!」佐藤江梨子への恨み爆発

「唯一、嫌いな人です。なんか仕事に対してふざけてるなって…」

 こうブチ切れていたのは、先月、俳優・細貝圭(35)と結婚したばかりの佐藤仁美(40)である。冒頭の発言は昨年5月に放送されたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)でのものだが、イラッとする同業者について聞かれ、「撮影している時に勝手に帰っちゃう女優さん」を例に挙げるや、「何様だよ!」と収まらなかった。

 いわく山奥のロケ地で、撮影時間に余裕がなく緊迫した状況にもかかわらず、その後輩女優が台本を見て「これ、ケガしたらどうすんの?」と言って途中で帰ってしまったというのだ。

 この後輩女優について、放送では「S」として伏せられていたが──。

「12年に放送されたドラマ『走馬灯株式会社』(TBS系)の第6話で、佐藤仁美とサトエリこと佐藤江梨子(37)が共演しているんです。山奥でのロケの件といい、番組で説明していた設定ともすべて合致します」(テレビ誌記者)

 実は佐藤、今になって先の番組以外でも複数の番組内で、サトエリと思われる女優への7年間ため込んだ怨念をブチまけているのだ。

 サトエリを知る映画関係者が語る。

「女優としては主演女優賞を獲得したこともありますが、現場でも自身を芸術肌だと思っているフシがあって、評判はあまり芳しくないんです。CMディレクター出身の監督作品では多少ナメていたようで、演出面に口を出すなどして周囲のスタッフを困らせていた」

 とはいえ、15年に結婚、出産したサトエリは近年、自粛しているわけではないが、活動を縮小している。

「一方の佐藤はかつて若手美人女優としてドラマや映画で活躍するも、代表作に恵まれなかった。それが近年、酒好きのやさぐれ負け犬キャラでバラエティー番組に引っ張りダコ。イケメン年下夫もゲットして、今や勝ち組。立場の逆転が彼女を饒舌にさせたのかもしれません。くしくも、ドラマでもサトエリが意地の悪い女の役で、佐藤が復讐するという内容でした」(芸能レポーター)

 女の恨みは果てしない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」