芸能

ASKAが絶賛&ドハマリしている「ウォーキング・デッド」って何だ!?

 CHAGE and ASKAからの脱退を表明し、精力的にソロ活動を続けている歌手のASKA。歌以外にも積極的に取り組んでいて、特に夢中になっているのが剣道だ。さらにもうひとつ没頭しているものがある。海外ドラマだ。

 ASKAはブログで海外ドラマについてしばしば書いている。11月16日の投稿では、「ウェントワース女子刑務所」と「ウォーキング・デッド」について触れ、《いやぁ、「ウォーキング・デッド」、おもしれぇー!!!》と絶賛している。ウェントワース女子刑務所も観終わった後で“ロス”に陥るほど楽しんだようだ。

 ウォーキング・デッドはアメリカのドラマで、ゾンビのせいで崩壊した世界が舞台。ゾンビの手を逃れて細々と生活する人々を描いている。

 ウェントワース女子刑務所はオーストラリアのドラマ。その名の通り女子刑務所を舞台に、囚人たちが抗争と裏切りを繰り返しながら生きていく姿が感動を誘う。

「ウォーキング・デッドはポストアポカリプス、つまり世界の終末を描いた物語でいかにもASKAさんが好きそうなドラマです。ウェントワース女子刑務所は刑務所に興味があったからなのかもしれませんね。2つの作品はゾンビに刑務所と、共通点はなさそうに見えるかもしれませんが、実はどちらもヒューマンドラマ。そこがASKAさんの心の琴線に触れたようです。ブログでも大プッシュしていますね」(エンタメ誌ライター)

 どうやらASKAはかなりの海外ドラマファンのようだ。

「それならぜひともASKAさんにおすすめしたい作品があります。アメリカのドラマで『ブレイキング・バッド』という作品です。このドラマはネットフリックスが制作し、08年に放送が始まると辛口の批評家からも大絶賛されました。エミー賞やゴールデングローブ賞をはじめ、多くの賞を受賞しています。はっきり言って、ブレイキング・バッドを観ずにドラマを語ってほしくない、それぐらい素晴らしい作品です」(前出・エンタメ誌ライター)

 同ドラマは肺がんで余命宣告をされた高校教師が家族にお金を残すため、化学の知識をフル活用して薬物のメタンフェタミンを作り、元教え子の売人と組んでお金を手に入れようとする物語。禁止薬物を売買していく中で、2人は暗黒街のトラブルに巻き込まれ、やがて薬物の王へとのし上がっていく。

「メタンフェタミンは日本では『シャブ』の名前で知られる薬物です。それを巡って人生や家族を破綻させてしまう人物が描かれている。そういう点でもASKAさんにぴったりではないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 観終わったら、ぜひ感想をブログで公開してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”