芸能

佐山彩香の「爆弾発言」に垣間見る歴代完脱ぎタレントの“泣く泣く”の事情!

 かつて日本一かわいい女子高生といわれたグラドル・佐山彩香が11月18日に発売された「週刊プレイボーイ」の袋とじグラビアに登場した際のインタビューに答えた内容が、いまだネット上で波紋を呼んでいる。

 今年デビュー10周年を迎えたのを機にグラビア引退を発表した佐山。20歳ごろ一時芸能活動を休止していた理由が原因不明の抜け毛で、“全ハゲ”だったことを告白。これもかなりショッキングな話だが、もう一つ驚かされたのが、大手出版社の週刊誌に生まれたままの姿を掲載した際の経緯の真相だ。

「休養中、週刊誌から事務所に連絡が来ると、佐山がデビュー前にツーショットを取った男性がいわくつきの人で、その写真が来週号に載ると言われたとか。その男性はみんなで遊んだ際、1回会っただけで名前も覚えていない人だったが、事務所と編集部が話し合い、記事差し止めの代わりに全てを曝け出した姿を掲載する話になっていったというのです」(夕刊紙記者)

 佐山は脱ぎたくないし、記事も出てもいいし、芸能界を辞めてもいいと思ったが、当時のマネージャーから決まっている仕事があっていろんな人に迷惑がかかるからと、結局、バックショットまではやるという話になったという。

「佐山はニップレスは絶対着けると主張したそうで、実際、“完脱ぎ”を想像させるタイトルが付けられたそのグラビアには、バストトップまでは写っていませんでした。生ヒップは露出してかなり大胆だったのですが、当時ネットでは《ぜんぜん完脱ぎじゃない!》と不満の声が多かったようです。それにしてもこの告白の内容が事実であれば、出版社と事務所がグルになって強要したとしか取れず、ネット上で怒りの反応が上がるのも当然の話。しかし一方で、バーターでの記事差し替えは珍しくないのも事実。最悪の場合、脱がされた揚げ句に芸能界から消えてしまうタレントがいることも、方々からよく聞きます」(芸能記者)

 こんな告白を聞くと、いままで脱いだ女性タレントたちにどんな裏事情があったのか気になってしまう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!