芸能

ジャニー喜多川氏、レコ大“新設賞”受賞も“マッチの代理”に違和感の声

 12月2日、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所の創設者であるジャニー喜多川氏が「第61回日本レコード大賞」(TBS系)で新設される「特別音楽文化賞」を受賞することが発表されたが、代理受賞するのが近藤真彦であることが判明し、ジャニーズファンからは戸惑いの声が相次いでいる。

「この賞は音楽文化の発展に寄与し、日本レコード大賞への多大な貢献をもたらしたとしてジャニーさんのために新設されました。レコード大賞では過去にも、作詞家の阿久悠さんが没後10年に、俳優で歌手としても作品を発表していた高倉健さんが亡くなった年に特別賞を受賞しており、ジャニーさんが特別音楽文化賞を受賞すること自体は当然の流れと見られています。しかし、どうもマッチが登壇することに違和感を覚える人が多いようなのです」(芸能関係者)

 近藤は1980年に歌手デビューを果たしているジャニーズ事務所の最古参。また最優秀新人賞、日本レコード大賞、最優秀歌唱賞の3冠を達成するなど、レコード大賞とは縁の深い人物だけに、代理受賞は当然のようにも思えるのだが、ネット上では、この手のセレモニーに限って出てくる感じがするという声や〈今ジャニーズの裏方で最も頑張っているのはタッキー。マッチじゃない〉などの声までみられたのだ。

「90年の32回レコ大で、当時所属していたアイドルグループ『忍者』が希望していた部門での賞を受賞できず辞退して以降、ジャニーズ所属のタレントはレコ大に出演することがなくなり、後に賞レース全体への参加辞退を表明するに至ったと言われています。しかし、そんな最中の2010年に、突如としてマッチが『心 ざんばら』で最優秀歌唱賞を受賞するなど、ジャニーズの中でもマッチは“特別枠”として扱われてきた経緯もある。そのため他のグループやタレントを応援するファンからすれば、なんだかズルい、という思いなのかもしれません」(スポーツ紙記者)

“いいとこ取り”に見えてしまうのも仕方がないか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃