芸能

衝撃の艶ビデオ女優を演じた美女たち(3)あの宮沢りえが「ワケあり嬢」役に!

 21世紀のテレビドラマは、脱ぎの描写が完全に封印されている。ただし、作中に艶ビデオ女優が登場することは少なくないのだ。

 さだまさしのテーマ曲とともに、国民的な人気を誇ったのが「北の国から」(81~02年、フジテレビ系)である。黒板五郎(田中邦衛)を中心に、幼い兄妹(吉岡秀隆、中嶋朋子)の成長を約20年かけて描いた。

 後期は年1本の単発ドラマとして制作されたが「’95秘密」から最終作の「2002遺言」まで重要な役で出演したのが宮沢りえ(46)。初登場回のサブタイトルに「秘密」とあるのは、宮沢が「艶ビデオ女優の過去」を持つ女だったため。ドラマの性質上、ビデオの再現シーンはないが、出演作のタイトルはしっかりと明記されている。

〈あかね悶える〉として新進艶ビデオ女優であることも明記され、〈森田あかねが悶える、そして吸い取る〉といったタイトルだ。実際にありそうなこだわりのネーミングだろう。また宮沢と田中邦衛の混浴野天風呂のシーンは、せめてものサービス精神を感じさせる。

 朝ドラヒロインだった宮地真緒(35)は、その名も「モザイクジャパン」(14年、WOWOW)という業界内幕ドラマで、人気艶ビデオ女優という役どころにチャレンジ。抜群のプロポーションを武器に、No.1女優に恥じない艶技を披露している。

 AKB48を卒業してグラビアで人気の永尾まりや(25)が、元艶ビデオ女優を演じたのが「不能犯」(17年、dTVドラマ)だ。人生初の過激なベッドシーンに、永尾は素直な心境を明かしている。

「初めてのことで『どこまでやるの?』『私、どうなっちゃうの?』と恐怖もありました。それでも、どこかで『殻を破りたい』という気持ちでオファーを受けました」

 耳を舐められ、たわわな胸を揉まれ、十分に「殻」は破ったようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線