芸能

クロちゃん「MONSTER IDOL」は番組とアイドル事務所の出来レースだった!?

 12月4日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で放送された芸人クロちゃんのアイドルプロデュース企画「MONSTER IDOL」において、異例のテロップが流された。それは〈このあと、クロちゃんの行き過ぎた言動があったため一部のシーンをカットしてお送りします〉というもの。その場面では音声がミュートされ、候補メンバー6名全員がガチで号泣する様子が映し出されていた。

「沖縄合宿3日目の模様を追う今回は、クロちゃんからスパイ役を頼まれたアイカに対してナオが問い詰めるシーンを放送。候補メンバー同士が険悪になるなか、クロちゃんは悪びれることもなく自分がスパイを頼んだと告白したんです。しかもナオに対して『何か悪い?』と開き直り、悪くなる一方の雰囲気にカエデは顔を押さえて落涙。それでもクロちゃんの暴走は止まらず、候補メンバーたちに圧をかけ続けたようで、スパイ役のアイカに加えて無関係のミユキやハナエまで号泣する有様でした。この手のオーディションでは圧迫面接さながらの手法も定石とはいえ、番組側が要カットの判断を下したとは、よほどゲスい言葉を投げつけていたんでしょう」(アイドル誌ライター)

 放送後には同番組の総合演出を務めるTBSの藤井健太郎氏が、《僕と渡辺さんが現場で企画の成功を確信した「地獄絵図」は地上波の許容範囲からはみ出していたようです》とツイート。どうやらTBSの上層部からストップがかかるほど、ひどい場面が展開されていたようだ。

 その一方で藤井氏のツイートを巡って、〈よもや最初から出来レースだったのでは!?〉との疑惑も持ち上がっているというのである。前出のアイドル誌ライターがささやく。

「ツイートで藤井氏が言う《渡辺さん》とは、今回のアイドル企画に全面協力している芸能事務所『WACK』を率いる渡辺淳之介代表のことです。ここまでの放送では水ダウ側が番組としてアイドルオーディションを手掛け、グループ結成からは所属先としてWACKが引き取るという分業スタイルだったはず。しかし藤井氏のツイートは、沖縄合宿での騒動も含めたアイドル企画のすべてが番組とWACKが“共謀”していることを示唆しています。そう考えると、今回のアイドル企画があらかじめ敷かれたレースに沿って進んでいるのかもと勘ぐってしまうのは、無理もないことでしょう」

 しかしデビュー後の新グループを預かる事務所側としては、放送できないほどの言動や、その言葉に号泣するアイドル候補生たちといった展開は、今後のグループ育成において障害でしかないようにも思えるのだが…。

「普通ならそうかもしれませんが、WACKはかなりユニークな事務所ですからね。事務所の創業アイドルである『BiS』は、マッパに見えるメンバーが走り回ったり、延々と口の中を映し出すといった業界の常識を超えたPVで話題になりました。特典会ではファンに馬乗りになったりハグできるという過激なサービスが人気を呼び、その活動内容を知った日本武道館から会場使用を断られたという伝説もあるほどです。今でも所属タレントの芸名がアイナ・ジ・エンドやハシヤスメ・アツコといった調子で、その風変わりぶりは健在。その一方で看板グループの『BiSH』は横浜アリーナを満員にするほどの人気を誇り、渡辺代表がファッションブランドを展開するといったスタイリッシュさも相まって、女子人気も非常に高い。それゆえ以前からWACKを知るファンにとっては、次回の『MONSTER IDOL』では何を仕掛けてくるかに興味が高まっているのです」(前出・アイドル誌ライター)

 渡辺代表と藤井氏は、おたがいの主催イベントを共同開催するなど以前から親しい関係だという。そんな二人にとっては「MONSTER IDOL」を巡ってまるで“共犯”のように呼ばれることは、むしろ喜ばしいことなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来