芸能

隠し子騒動が再燃?「同期のサクラ」真剣佑&橋本愛の“ナマ行為”が炎上したワケ

 12月4日に放送された高畑充希主演のテレビドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)第8話の視聴率が、10.8%だったことがわかった。同ドラマは、回を重ねるごとに注目度が高まってきているという。

「『同期のサクラ』は、初回視聴率8.1%と低空スタートを切ったものの、回を重ねるごとに話題となり、4話以降は2ケタをキープしています。今回の8話では、常に前向きだった高畑演じる主人公が、夢破れて心を病んでしまい会社を1年以上も休職。そして終盤は、バイクに轢かれそうになった隣家の子供を助けようとしてケガを負い、そのまま意識不明の重体となる衝撃の展開が描かれました」(テレビ誌記者)

 そんな「同期のサクラ」は、過去に「女王の教室」や「家政婦のミタ」(共に日本テレビ系)などを手がけた人気脚本家・遊川和彦の作品であるため、視聴者から「さすが遊川脚本。目が離せない!」「最近の遊川は『過保護のカホコ』(日本テレビ系)と『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)がヌルすぎた。こうでなきゃ」と好評の声が飛び交った。

 しかしその一方で、出演者である新田真剣佑ファンが8話の内容に激怒しているという。

「8話では、橋本愛演じる百合が、真剣佑演じる葵の子供を未婚のまま出産するシーンが描かれました。しかし葵はそれまで、主人公サクラのことが好きという設定だったため、ドラマの中とはいえ、裏で百合に対し“ナマのマグナムをぶち込む行為をしていた”ことに女性視聴者が大激怒しているのです。やはりルックスがイマイチでダサい主人公に、超イケメン・葵が惚れているという状況を理想として感情移入していた女性が多かったのでしょう。しかし結局、橋本演じる美人OLに乗り換えたことで、ネットでは『私のドキドキを返して!』『ショック!』とブチギレる女性が相次いでいます」(前出・テレビ誌記者)

 また、真剣佑といえば16年、14歳の時に親密になった当時30代の女性との間に子供をもうけていたと「フライデー」が報じたことがある。そのため、今回の“ナマ行為”の展開に、ファンからも「あのスキャンダルを思い出しちゃった…」「真剣佑くんを下げるための展開はやめて!」と怒りの声が殺到することに。のちに本人はこの報道について事実無根だと否定しているが、今回思わぬところから過去の騒動が再燃してしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」