芸能

夫は知らない!壇蜜とのイケナイ思い出(終)“艶系女優転身”を翻意した理由!

 11月22日の“いい夫婦の日”に、漫画家の清野とおる氏との電撃結婚してしまった、我らが壇蜜。その悔しさを紛らわすため、清野氏も知らない壇蜜との関係を語り合おうというこのシリーズ。

 最後の証言者は、ドラマ関係者・F氏。こう話す。

「芸能界で存在感を発揮しテレビに出始めた壇蜜は、イベントでの肌着の生脱ぎパフォーマンスなど、過激な言動で急速に注目を集めていきました。当初は、そのあまりにトリッキーな注目のされ方から、“一発屋候補”と目され、近い将来の脱ぎ専門の女優転身は確実なのではと見られていました。ただ、一方で本人も、30歳近くになっての遅咲きデビューで名を上げるためならと、流れ次第ではそういうこともあるのかなというくらいの感覚だったそうです」

 そんな彼女が、息の長いタレントとなったのは、あるきっかけがあったからだという。

「デビュー当時の恩人に、『これからのあなたは、ちゃんと脱げて演技のできる女優さんになりなさい。そして艶系のビデオには絶対に行かないこと』と言われたからだそうです。この恩人の言葉がなかったら、艶系業界に行ってしまうのはいいとしても、根はマジメな性格に思われるだけに、作り手側の要求に従い続け、場合によっては、歯止めが利かなくなっていろいろな趣向の作品の出演数をこなすだけになり、競争の激しい艶系ビデオ業界の中で疲弊し、消えていったかもしれません」(前出・F氏)

 結婚したことで、今後の艶系行きはさすがにありえないだろう。と言うか、今後は脱ぎのみでも、まず拝めないに違いない。

 悲しいが、もう十二分に我々に奉仕しつくしてくれた壇蜜に、心からの「おめでとう」を贈りたい!

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから