芸能

結論ありきでドキドキなし!?「おっさんずラブ」シーズン2はなぜ伸び悩んだか

 田中圭主演ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系)が12月21日に最終回を迎え、平均視聴率は5.1%。全話の平均視聴率は4.56%だった。

 物語は、男性が恋愛対象ではない男性主人公の春田創一(田中)が、就職先の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)や同僚から熱いラブコールを送られ、翻弄されるというコメディ。今シリーズは2016年、「年の瀬 変愛ドラマ第3夜」として単発放送され、18年にシーズン1の放送が始まると、一大“おっさん旋風”を巻き起こした。19年8月には「劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」も公開。そして11月、視聴者からの熱烈待望の中、晴れてシーズン2「おっさんずラブ-in the sky-」が放送されたのだ。

 初回こそ深夜枠ながら平均視聴率5.8%をマークしたが、第2話は一気に1.1%もダウン。その後は横ばい状態が続いた。

 視聴者からは「シーズン1の時と脚本家や演出の人が変わったのでしょうか? 全話つまらないドラマに仕上がってて残念でした」「続編を作った意味ってないんじゃないかと思えるぐらいin the skyは駄作」「最低なドラマの最低なラスト」など酷評が相次いだ。

「シーズン1は、男性が恋愛対象の男性を扱ったドラマでありながら、そのことに悩んだり傷ついたりすることのない構成が支持されていました。また、強面の吉田が、目からハートが飛びだしそうな乙女チックな表情を見せるのも話題になりました。ですが、シーズン2は、結論ありきの進行に、ドキドキもワクワクもなく、薄っぺらに終わってしまいました。シリーズ化して失敗した作品のお手本のようです」(テレビ誌ライター)

 シーズン3があるのならば、ぜひとも視聴者を胸キュンさせたシーズン1に原点回帰してもらいたいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”