芸能

田中要次は悪くない!?「バス旅Z」への怒号報道に視聴者から賛否噴出

 ついに視聴者をイライラさせることでは蛭子能収を超えた!と非難ゴウゴウと言われているのが、テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に出演中のタレント田中要次だ。その理由は、1月4日に放送された最新版で噴出した“態度が悪さ”や、あげくに目的地にも到着できなかったことなどが重なったから。一部からは、番組存続も危ないのでは?と言われているのだとか。

「太川陽介と蛭子能収の黄金コンビで人気を博したバス旅もの。その後を引き継いだのが作家の羽田圭介氏と俳優の田中要次でした。そこで見られる田中のグダグダぶりは確かにエキセントリックですね(笑)。朝6時台のバスがあるのに案内所が開くまで待ったり、蛭子と違うのはダメなりにも本気を感じた蛭子に対して、あまりバス旅への真剣度が感じられないところでしょうか。それもあって、ネット上には『やる気がないなら出るな』『出演者がゴミ』『田中要次を見てるだけでイライラする』などのクレームが書き込まれました。ですけど、見る人によっては人も変われば何とやらで、『面白かった』『ボケてるみたいな蛭子さんより見てて安心』という声も。ですから、番組存続が危ぶまれてることはないと思いますよ」(エンタメ誌ライター)

 田中が蛭子以上に視聴者をイラつかせる態度とは、常に自分本位の発言をする傾向があることだとか。今回の放送でも、時刻表を確認する羽田を横目に「とりあえずご飯を食べよう」とマイペース。先を急ごうとする羽田やマドンナとして出演した井上和香に向かって「走らなくても」と苦言。そんな“必死さ”がどこにも見えない田中が一斉に罵声を浴びているわけだけれど…。

「でも、冷静な視聴者からは『田中さんまでマジメキャラだったらおもしろいと思う?』『蛭子さんとは違うダメキャラを作ろうとしてると思う』『イライラしたら田中さんの思うツボ』と擁護する声も少なくないんです。視聴率は太川・蛭子時代より3ポイントぐらいは減っていますから、田中さんも視聴者をイライラ楽しませようと頑張っているという見方があってても不思議ではないですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 黄金コンビを引き継いだプレッシャーの中、田中のキャラづくりに疑問を持つ視聴者は確かに多い。でも「初期よりだいぶよくなった」というポジティブな声だって少なくない今は、3月に予定されている次回放送で本当に“蛭子超え”がなるかを期待したいものだ。

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ