芸能

大食い王決定戦が大反響!それでもアノ元女王が完全沈黙の謎!

 大食いファン待望の「元祖!大食い王」(テレビ東京系)の最新回が1月12日に放送され、ネットやSNSには番組の反響が多く寄せられている。今回を神回認定する声もあるようだ。

「アメリカのホットドッグ早食い大会で6連覇を達成した須藤美貴さんや、アメリカのプロフードファイターであるフリーデン・ダレンさんが出場し、大会のレベルが一気に上がりました。ラスカル新井さんや双子の小野あこ、かこさんといった実力者が次々と姿を消したことからも、ハイレベルであることがわかります。それが神回になった理由のひとつでしょう」(テレビ誌ライター)

 さらに、大食い史上最強とされるジャイアント白田さんや、「TVチャンピオン」(テレビ東京系)時代の大食いに出場した伝説のファイター・小林尊さんが解説として登場したことも反響を呼んだ。小林さんを紹介する映像で過去の対戦が流れ、エンペラー岸さんと女王・赤阪尊子さんの姿が見られたこともファンを喜ばせている。今大会はまるで歴代のスターが集結したかのような印象を視聴者に与えた。これも神回になった理由だろう。

 そんな大会にも関わらず、元女王がいっさい登場しなかったため、不思議がる声が上がっているのだ。

 その女王は女性限定の「女王戦」で3度の優勝を果たし、国別対抗戦では日本代表としてアメリカチームと戦ったこともある実力者。ところが、18年の大会には出場せず、番組から出場しないことについて何の説明もなかったため、トラブルが報じられたことがある。

「番組スタッフが彼女を優遇したため、他のファイターが反発したと言われています。その証拠として、以前は女王と他の出場者がツイッターで親しくやりとりしていたのに、ぱったりとなくなったことが挙げられています。2月15日に行われる彼女の生誕祭イベントに、王者のマックス鈴木さんが出演するので、両者ともに告知はしています。ですが、交流はまったくありません」(前出・テレビ誌ライター)

 元女王として番組の告知をツイートしたり、感想を書いてもよさそうなものだが、大食い王関係のツイートはいっさいなし。元女王は完全沈黙を貫いている。明らかに不自然で、何かあったことをうかがわせる。

「元女王はこのまま番組からフェードアウトしてしまうのかもしれません。非常に残念です。彼女の食べ方はとてもきれいで好感が持てるのですが…」(前出・テレビ誌ライター)

 元女王が問題をクリアにして、戻ってくる日を待ちたい。お得意の「もえもえキュン」ポーズを見たいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?