芸能

オール巨人、上沼恵美子「更年期障害乗り越えた」発言の舞台裏を明かしていた!

 19年のM-1グランプリで、審査員を務める上沼恵美子がオープニングで「更年期障害を乗り越えました!」と発言。スタジオを大いに沸かせたのは記憶に新しいところだが、おなじくM‐1の審査員を務めたオール巨人が、この発言の真相を明かしていた。

 YouTubeチャンネル「カジサックの部屋(キングコング梶原雄太)」の1月11日に投稿された「【M1グランプリ2019】巨人師匠に総括して頂きました」での出来事だ。

「18年になるかもう、あの訳のわからない漫才師がいろんな事言うて‥‥」

 と、オール巨人が口を開いたのは、18年のM‐1放送終了後に、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶと、「スーパーマラドーナ」の武智正剛が、審査員を務めた上沼に対して「オバハン」「更年期障害」などと、インスタライブで発言して騒動になった一件だった。

 二人は謝罪を申し入れたが、上沼から固辞されたとも報道され、相当根に持たれているかと思われたが、オール巨人は同動画でこう語ったのだ。

「『待ち伏せやってもええから謝って来い!』…。久保田と武智の二人にそう言うて、それで二人が上沼さんに『すみませんでした』言うたら、上沼さんは『何が?何が』って。二人は『更年期障害の話です』言うても、『何が?』って。上沼さん、本当に忘れてて(笑)。あれボクね、(二人に謝って来いと)しゃべらへんかったらね、一番最初のオープニングで上沼さんが『更年期障害を乗り越えました!』あの言葉なかったと思う」

 まさにM-1決勝前にオール巨人が上沼への謝罪のおぜん立てをしたと思える舞台裏のエピソードを明かした。結果、上沼のオープニングの発言につながり、上沼の吹っ切れた気持ちが広く伝わって、M‐1は幸先のいいスタートを切ったともいえよう。

 ただし、久保田と武智については、上沼だけでなく、“女性全体への蔑視”ともとれる失言をやらかしてしまっただけに、まだ、ミソギを済ませたとは言えないかもしれないが…。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故