芸能

石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!

 ホリプロ内でライバルとしてシノギを削ってきた“三姉妹”女優に異変が起きた。「犬猿の仲」と囁かれていた「長女」深田恭子と「次女」綾瀬はるかがSNSで貴重なペアショットを公開。「完熟系フェロモン連合」がバスト攻撃で存在感を強める中、「末娘」の石原さとみは「五輪覇権」を制すべく、宣戦布告の巻き返しが始まろうとしているのだ。3姉妹による仁義なき戦いの全容に、1月21日発売の週刊アサヒ芸能が肉薄している。

 芸能関係者を驚嘆させるある出来事が起きたのは、昨年のクリスマスイブ。深田恭子(37)が自身のインスタグラムを更新し、そろってサンタクロースの帽子をかぶった綾瀬はるか(34)とのプライベートショットを公開したのだ。これまでほとんど一緒に写真におさまったことがない「ライバル関係」だったビッグ2の合体に衝撃が走ったのは、言うまでもない。芸能記者も興奮気味に語る。

「2人ともホリプロ所属ですが、これまで私生活で親交があったことはほとんど知られていません。ホリプロ内でもビックリしたスタッフが多かったそうです」

 それもそのはずで、18年前に石原さとみ(33)が「タレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞して以来、「ホリプロ三姉妹」として、あえて別々に売り出すことで、姉妹は、今や押しも押されもせぬスター女優に成長したのだった。前出の芸能記者が続ける。

「そもそもホリプロは、山口百恵が電撃引退して事務所の経営が傾いたことが教訓となって、1枚看板ではなく、同世代の女優を並行して売り出す路線で大成功してます。そのせいか、3人を担当するスタッフはそれぞれが犬猿の仲で、切磋琢磨してきた経緯がある。それが一変。深田と綾瀬の電撃合体に『アンチ石原連合結成』との声がもっぱらでした」

 くしくも今年は、東京五輪イヤーで、聖火リレーの公式アンバサダーを務める石原に対して、五輪のオフィシャルスポンサー4社と契約する綾瀬も聖火ランナーに選抜されるなど、その覇権を巡る争いがヒートアップしている矢先だった。

 これまで文科系のイメージが強かった深田も得意のサーフィン好きをアピール。「見に行きたい」と宣言したかと思えば、今年1月からはスポーツブランド「デサント」と電撃契約を結びCMに出演するなど、五輪を前にカヤの外にいた深田が乱入して、もはや三つ巴のバトルとなっている様相なのだ。年末年始にかけて勃発した壮絶バトルの詳細は、1月21日発売のアサヒ芸能1月30日号で確認できる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画