スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「紅一点ウラヌスチャームを狙う」

 慌ただしく正月競馬は過ぎていき、今週のアメリカジョッキークラブカップが第1回中山競馬の最後。

 4月初めの大阪杯(芝2000メートル)がGIに昇格してからというもの、独立した重賞という趣が消え、3月に行われる中山記念や金鯱賞と同じく、大阪杯の前哨戦として関連づけられるようになった。だからだろう、年々顔ぶれもよくなってきた印象がある。

 今年もなかなかだ。一昨年の有馬記念馬ブラストワンピースを筆頭として、サトノクロニクル、ステイフーリッシュ、ミッキースワロー、さらにはラストドラフトなど、今後の中距離路線で期待されている馬がそろった。見応えあるレースであると同時に、馬券的にもおもしろそうである。

 当然、ブラストワンピースが有力視され、注目されるわけだが、海外遠征で体調に狂いが生じたあと休養に入り、ここが3カ月半ぶりの実戦となるのが気になるところ。しっかり放牧でケアされ、ここに合わせて乗り込んできたが、まだ完調とは言えそうにない。

 それなら生きのいい明け4歳馬のラストドラフトなど、他の有力候補に目を向けるべきだろう。

 まずはデータをひもといてみよう。

 03年にこの重賞に馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は5回(馬連3回)。この間、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は6勝(2着3回)で、1、2番人気馬によるワンツー決着は2回。まずは中穴傾向の重賞と言っていいようだ。

 年齢的にはどうか。この時期はのしてくるだろう4歳勢より、5歳上の古馬の活躍が目立っている。しかも古豪と言える7、8歳馬がよく連に絡んでいるのだ。7歳馬は過去17年間でなんと5勝(2着3回)の頑張りぶりで、8歳以上も勝ち鞍こそないものの、2着4回と健闘している点は見逃せない。

 今回のメンバーに照らし合わせると、ルミナスウォリアーマイネルフロストの9歳馬ということになるが、さてどうだろう。

 さらに今年は牝馬の登録も見られる。過去17年間で牝馬の勝ち鞍はなく、連絡みも皆無。そもそも出走頭数が少ないのだからやむをえまいが、しかし今回は、穴党としてその牝馬に目をつけてみたい。

 狙いは紅一点のウラヌスチャームである。

 昨春、オープンに昇格したあとは惜しいレースもあったが、成績はイマイチ。昨秋に穴党として注目したが、京都大賞典(7着)、エリザベス女王杯(11着)と期待外れの結果だった。

 が、どうだろう。ともに勝ち馬との差は、そう大きくなく、まだ見捨てるべきではない。

 休み明けとなった昨夏のクイーンSで、あのミッキーチャーム(GII阪神牝馬S勝ち)にコンマ2秒差の接戦を演じているように、能力は確かなのだ。

 今回はエリザベス女王杯以来2カ月半ぶりの実戦になるが、短期放牧でリフレッシュ。ここを目標に実にいい雰囲気に仕上がっており、1週前の追い切りも文句なしだった。

 斎藤誠調教師も「展開が向かなかったり、状態が思わしくなかったりと、空回りしてしまった」と昨秋を振り返ったうえで、「しっかり乗り込んできたので、前走より数段いい状態に仕上がった。この分ならやれていい」と、万全の臨戦態勢を強調し、ヤル気をにじませる。

 曾祖母はアラバマSなどGI6勝の女傑で、こうした血統のよさからも、まだ活躍の余地は十分。54キロの斤量で走れる強みもあり、〈1 3 0 0〉と相性のいい中山での競馬。馬場が渋らなければ頭から狙い撃ちといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!