スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「紅一点ウラヌスチャームを狙う」

 慌ただしく正月競馬は過ぎていき、今週のアメリカジョッキークラブカップが第1回中山競馬の最後。

 4月初めの大阪杯(芝2000メートル)がGIに昇格してからというもの、独立した重賞という趣が消え、3月に行われる中山記念や金鯱賞と同じく、大阪杯の前哨戦として関連づけられるようになった。だからだろう、年々顔ぶれもよくなってきた印象がある。

 今年もなかなかだ。一昨年の有馬記念馬ブラストワンピースを筆頭として、サトノクロニクル、ステイフーリッシュ、ミッキースワロー、さらにはラストドラフトなど、今後の中距離路線で期待されている馬がそろった。見応えあるレースであると同時に、馬券的にもおもしろそうである。

 当然、ブラストワンピースが有力視され、注目されるわけだが、海外遠征で体調に狂いが生じたあと休養に入り、ここが3カ月半ぶりの実戦となるのが気になるところ。しっかり放牧でケアされ、ここに合わせて乗り込んできたが、まだ完調とは言えそうにない。

 それなら生きのいい明け4歳馬のラストドラフトなど、他の有力候補に目を向けるべきだろう。

 まずはデータをひもといてみよう。

 03年にこの重賞に馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は5回(馬連3回)。この間、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は6勝(2着3回)で、1、2番人気馬によるワンツー決着は2回。まずは中穴傾向の重賞と言っていいようだ。

 年齢的にはどうか。この時期はのしてくるだろう4歳勢より、5歳上の古馬の活躍が目立っている。しかも古豪と言える7、8歳馬がよく連に絡んでいるのだ。7歳馬は過去17年間でなんと5勝(2着3回)の頑張りぶりで、8歳以上も勝ち鞍こそないものの、2着4回と健闘している点は見逃せない。

 今回のメンバーに照らし合わせると、ルミナスウォリアーマイネルフロストの9歳馬ということになるが、さてどうだろう。

 さらに今年は牝馬の登録も見られる。過去17年間で牝馬の勝ち鞍はなく、連絡みも皆無。そもそも出走頭数が少ないのだからやむをえまいが、しかし今回は、穴党としてその牝馬に目をつけてみたい。

 狙いは紅一点のウラヌスチャームである。

 昨春、オープンに昇格したあとは惜しいレースもあったが、成績はイマイチ。昨秋に穴党として注目したが、京都大賞典(7着)、エリザベス女王杯(11着)と期待外れの結果だった。

 が、どうだろう。ともに勝ち馬との差は、そう大きくなく、まだ見捨てるべきではない。

 休み明けとなった昨夏のクイーンSで、あのミッキーチャーム(GII阪神牝馬S勝ち)にコンマ2秒差の接戦を演じているように、能力は確かなのだ。

 今回はエリザベス女王杯以来2カ月半ぶりの実戦になるが、短期放牧でリフレッシュ。ここを目標に実にいい雰囲気に仕上がっており、1週前の追い切りも文句なしだった。

 斎藤誠調教師も「展開が向かなかったり、状態が思わしくなかったりと、空回りしてしまった」と昨秋を振り返ったうえで、「しっかり乗り込んできたので、前走より数段いい状態に仕上がった。この分ならやれていい」と、万全の臨戦態勢を強調し、ヤル気をにじませる。

 曾祖母はアラバマSなどGI6勝の女傑で、こうした血統のよさからも、まだ活躍の余地は十分。54キロの斤量で走れる強みもあり、〈1 3 0 0〉と相性のいい中山での競馬。馬場が渋らなければ頭から狙い撃ちといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった